金曜ドラマ『クロコーチ』| TBSテレビ

写真拡大

 犯人追跡のためならどんな汚い手も使う悪徳刑事、黒河内(長瀬智也)が主人公のドラマ『クロコーチ』(TBS系)に開始早々、視聴者からのクレームが相次いだという。

 問題となったシーンは第1話、剛力彩芽が演じる部下が、拳銃の音に驚いて失禁、それを長瀬がスマホで撮影した部分。第2話ではさらに「捜査情報を教えてくれないと、お漏らし場面をメールしちゃうよ」と長瀬に脅される場面もあり、これを「セクハラ、パワハラ」だとする抗議があったという。

「お漏らしを撮影すること自体が女性蔑視だという意見や、男性刑事の女性の扱いが倫理的に問題だ、というようなクレームでした」とTBS関係者。

 一方、ネット上でそんなシーンに挑んだ剛力に対しては評価も見られるのだが、これを制作側の“話題作り”と見る向きもある。

「アウトローが主役のドラマで、ストーリーも骨太。初回から乳房を隠さない全裸の死体が出てきたりと、最近のテレビドラマの流れに逆らっているあたりは挑戦的に見えます。お漏らしシーンなどはBPO(放送倫理・番組向上機構)で問題にされるほどひどいものではないので、意図的にやって話題にさせようというのが狙いでは」(放送作家)

 確かにネット上では「剛力のお漏らしGETできたから毎週見る」と一部で盛り上がってはいる。視聴率は初回12.0%と平均的だが、“ゴリ押しタレント”としてアンチも多い剛力出演のドラマとしては「悪くない」という声もある。

 一説によると、演出サイドからオファーされた“お漏らしシーン”について剛力の所属事務所は「演出上、必要なら」と、特に抵抗を示さなかったという。

「もともと原作マンガでは、黒河内とコンビを組む刑事は男で、原作のファンであれば剛力のキャスティングに賛成できないところ。事務所としても“ねじ込んだ”からには、過激な演出も許容するしかないということでしょう」(同)

 この件についてBPOは「個別の案件には、お答えできません」とノーコメント。TBSも公式には「視聴者からご意見はありますが、それについてのコメントは控えさせていただきます」とのことだった。問題のシーンの賛否よりも、数字が伸びるかどうかが焦点か。