横浜のみなとみらい地区にオープンした「Orbi Yokohama(オービィ横浜)」は、BBC(英国放送協会)の映像をゲーム開発やアミューズメント施設運営を行なうセガの最新技術で展示する超体感ミュージアムだ。8月のオープンから1か月で10万人を超える入場者が訪れた同所について、五感・身体と社会の関わりをテーマに、五感生活研究所代表として取材や多くの講演を精力的に行う作家の山下柚実氏がリポートする。

 *  * *
 シロクマがのっそのっそと氷の上を歩く。厳寒の北極、そそり立つ氷壁の映像。降り注ぐ太陽の光を受けて巨大な氷は溶け始め、やがてドーンというすさまじい音とともに崩れ落ちた。

 あっ。崩壊した氷の下から、もわっと白い霧が膨らんでいる。それは次第に観客席へと迫ってくる。私の肌も霧で濡れてしまった。まるでシロクマが棲む世界に自分も居るような不思議な臨場感。

 次に、別の驚きが待っていた。マイナス20度、猛烈なブリザードが吹いている部屋へ。じっと立っていられない。目も開けられない。息が吸えない。みるみる体温が奪われていく恐怖。「ペンギンはさらに過酷な風速50mの中で数か月を過ごします」という解説を聞き、生まれて初めてペンギンへの尊敬がこみ上げてきたのだった。

 ここは横浜のみなとみらい地区にある商業施設「MARK IS みなとみらい」5階の『Orbi Yokohama(オービィ横浜)』。8月19日にオープンした新しい施設だ。大画面に映し出された氷の世界は、BBC(英国放送協会)が50年をかけて取材してきた大迫力のドキュメンタリー映像。テレビでも、「BBC EARTH」という番組名でおなじみだ。

 しかし、大自然の映像をただ「見せる」施設ではない。「超体感できるミュージアム」なのだ。

 別の部屋は、また奇妙だった。グロテスクなコモドドラゴンの姿が映し出される。赤い舌をチロチロ出しながら、獲物をねらっている。シャーと威嚇しながら、獲物に飛びかかったその瞬間。

 突然、画面が暗くなった。コモドドラゴンの姿が消えてしまった。何がおこったのか。と思った時、暗闇の中で私の足首をささっと何かが触ったのだ。足音だけが不気味に響く。私の足に触れたのはまさか……? ゾクゾクっと鳥肌がたつ。

「映像を見るだけでなく、五感で感じていただくために工夫を凝らしました」とセガ・エンターテインメントパーク事業部クリエイティブディレクター、長谷川敦彦氏(45)は語った。

「セガがこれまで手がけてきた車・飛行機のドライビングゲームや格闘技の疑似的感覚を楽しむ遊びの技術と、『大自然』というテーマを合体させた世界初の試みです」

 幅40m×高さ8mという日本最大級の画面「シアター23.4」は、大型スクリーンを3つ並べ境目をなくす最新技法を駆使した。「画面の横幅をワイドにすることによって、より没入感を高める狙い」だという。

 さらに本物の霧を噴射したり、風や匂い、接触感覚を再現したりする仕掛けをドキュメンタリー映像とクロスさせることで斬新な臨場感を生み出した。

 手を動かすと、等身大の象やキリンが反応して動くコーナー、床に振動装置を仕込んでアフリカの草原を移動する130万頭のヌーの群れにいる疑似体験ができる空間……館内には12の個性的なエキシビションが揃っている。

「我々がこんな空間を作りたいとデザインし、それを実現させるための技術を世界中から集めました。日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、シンガポールと多国籍のスタッフが参加しています。iPhoneの中身に世界のテクノロジーが集まっているのと似ているでしょう?」と長谷川氏。企画・運営はセガ、映像の提供・制作はBBC Worldwide Limitedが担当している。

 今、日本のゲームセンター市場は縮小の一途をたどっている。アミューズメント施設の市場規模はピーク時から3割ほど減少し、転換期を迎えている。集客力ある新たなアミューズメント施設の開発に、業界は四苦八苦している。

 一方で、消費者は忙しい。24時間という限られた枠の中で、時間の取り合いが起こっている今。新しい施設へ足を運んでもらう「動機」をいかに作り出せるか。「意義」を明快に示すことができるか。

 オービィ横浜には特徴がある。「一粒で3度おいしい」時間を提供しようとしている点だ。「体感的刺激」と「教育的要素」と「異次元空間」。楽しいと同時に、役に立ち、非日常の癒やしも得られる。肌の刺激、匂い、音。ワクワクすれば子供たちは放っておいても好奇心を抱き、大自然に接近し学ぶはずだ。

 情報収集の8割を視覚に依存している現代社会。その現実を反転させて、使い忘れている「2割の感覚」を活用した、世界初の超体感空間が誕生した。

※SAPIO2013年11月号