写真左から、2位の鈴木明子、優勝のユリア・リプニツカヤ、3位のグレイシー・ゴールド (撮影;岸本勉/PICSPORT)

写真拡大 (全9枚)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは26日、カナダのセントジョンで行われ、鈴木明子(邦和スポーツランド)がフリーで2位の127.99点をマーク。合計198.23点で2位に入った。

今シーズン限りで引退を決意している鈴木が、ベテランの意地を見せた。前日のショートプログラム・3位から順位を上げた。

優勝したのはSP2位だった、15歳のユリア・リプニツカヤ(ロシア)。合計198.23点と自己ベストの演技を披露し、GPシリーズ初優勝を果たした。

上位選手の得点は、以下のとおり。
1位:ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 198.23点
2位:鈴木明子 193.75点
3位:グレイシー・ゴールド(米国) 186.65点
4位:クリスティーナ・ガオ(米国) 173.69点
5位:アメリー・ラコステ(カナダ) 163.11点

※撮影は、岸本勉(PICSPORT)。