3日目スコア伸ばせず停滞した森田理香子(撮影:ALBA)

写真拡大

<マスターズGCレディース 3日目◇26日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,445ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「マスターズGCレディース」の3日目。2日目中止を挟んで迎えた第2ラウンドを単独首位からスタートした森田理香子だったが、この日は1バーディ・1ボギーの“72”とスコアを伸ばせずトータル4アンダー7位タイで最終日を迎えることとなった。

 強い風が吹く中OUTからスタートした森田は前半をすべてパーで終えるとハーフターン直後の10番でボギーが先行。風も収まった後半は12番パー5でバーディを獲り返したもののスコアを伸ばせないまま消化不良で18ホールを終えた。
 首位に立つのは現在賞金ランキング2位につける横峯さくら。横峯がこのまま優勝すれば獲得賞金は1億円を超えて、同ランク1位を走る森田との差をぐっと縮めてくることとなる。短縮競技になったことで賞金加算は75%ながら、高額賞金大会だけに今大会の成績が女王レースに与える影響は大きい。
 7打差逆転は厳しくとも、残り18ホールをしっかり伸ばすことが女王争いの最後の最後で生きてくる可能性は十分にありそうだ。
【現在の賞金ランキング】
1位:森田理香子 (103,671,571円)
2位:横峯さくら (81,966,570円)
今大会賞金配分(75%)
優勝:18,900,000円
2位:9,240,000円
3位:7,350,000円
4位:6,300,000円
5位:5,250,000円
6位:4,200,000円
7位:3,675,000円
8位:3,150,000円
9位:2,625,000円
10位:2,100,000円
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
さくら、独走5打差首位!「OKラインを下げる」メンタルコントロール
桃子、5位タイに後退も「攻めるだけ」
「CIMBクラシック」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング