<マスターズGCレディース 3日目◇26日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,445ヤード・パー72)>
 2日目が悪天候のため中止となり、54ホールの短縮競技となった国内女子ツアー「マスターズGCレディース」の3日目。初日7位タイにつけた横峯さくらが怒涛のバーディラッシュで9ストローク伸ばし通算11アンダーで単独首位に踊り出た。
 この日、2アンダーからスタートの横峯は、出だしの1番でバーディを奪い幸先の良いスタートを切る。4番で2つ目のバーディを奪い勢いに乗ると続く7番、8番で連続バーディ。前半だけで4つ伸ばし通算6アンダーで折り返した。後半に入るとさらに勢いは増し、折り返しすぐの10番でこの日5つ目のバーディを奪取。圧巻の14番からの3連続バーディ。ここで一気にスコアを伸ばし2桁アンダーに乗せた。そして最終18番もバーディで締め、この日9バーディ・ノーボギーの“63”をマーク。2位と5打差と大差をつけ今季3勝目に王手をかけた。
 その横峯と5打差の通算6アンダー2位タイには台湾のフェービー・ヤオ、中国のフォン・シャンシャン、韓国のアン・ソンジュの3人がつけ、続く通算5アンダー5位タイに上田桃子、大山志保の2人が並んだ。
 多くの選手がスコアを伸ばす中、初日首位に立った森田理香子は、1バーディ・1ボギーのイーブンパーでプレー、初日の4アンダーのままこの日を終え、順位を7位タイに後退させた。
【3日目の結果】
1位:横峯さくら(-11)
2位T:フェービー・ヤオ(-6)
2位T:フォン・シャンシャン(-6)
2位T:アン・ソンジュ(-6)
5位T:上田桃子(-5)
5位T:大山志保(-5)
7位T:森田理香子(-4)
7位T:酒井美紀(-4)
9位T:原江里菜(-3)
9位T:イ・ボミ(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、首位スタートの要因は“浮気解消”?
桃子、中止に「4日間やりたかった」賞金シード確保へも逆風
「CIMBクラシック」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング