京都で民家火災、焼け跡から遺体

ざっくり言うと

  • 京都で26日、出火した木造2階建ての民家が全焼し隣家の一部が延焼
  • 全焼した民家の焼け跡からは、遺体が発見された
  • 住人である40〜50代男性の可能性もあるとみて、身元確認を急いでいる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング