前半のショートプログラムを3位でスタートした、鈴木明子 (撮影:岸本勉/PICSPORT)

写真拡大 (全12枚)

女子フィギュアスケートの鈴木明子(邦和スポーツランド)が25日、カナダのセントジョンで行われているグランプリシリーズ(GP)第2戦・スケートカナダに出場。前半のショートプログラムを3位につけた。

鈴木の得点は、65.76点。大きなミスは無かったが「全体としては良かったが、慎重になりすぎたかも」と自己の演技を評価。

トップで折り返したのは米国のグレイシー・ゴールド。自己ベストの69.45点でフリー演技にのぞむ。

そのフリー演技は、26日(日本時間27日)に行われる。

上位選手の得点は、以下のとおり。
1位:グレイシー・ゴールド(米国) 69.45点
2位:ユリア・リプニツカヤ(ロシア) 66.89点
3位:鈴木明子 65.76点
4位:クリスティーナ・ガオ(米国) 62.82点
5位:ケイトリン・オズモンド(カナダ) 60.32点

撮影は、岸本勉(PICSPORT)。