写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR九州と鉄道総合技術研究所(鉄道総研)はこのほど、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」に、空気ばね車両向けの上下制振制御システムを採用したことを明らかにした。空気ばねを使用した車両に、上下制振制御システムを導入したのは世界初の事例だという。

同システムは鉄道総研と日立オートモティブシステムズが共同開発。車体を支えるばね(まくらばね)と並列に可変減衰機能を持つ上下方向の油圧ダンパーを取り付け、このダンパーの減衰力を加速度センサーで測定した車体の振動に合わせて制御し、振動を抑制するという。上下制振制御システム自体は、「指宿のたまて箱」で初めて実用化されたが、「ななつ星 in 九州」では、これをさらに改良し、制振効果を高めたものを搭載している。

上下制振制御システムと空気ばねの効果により、同列車の上下方向の振動は既存車両の10分の1程度(振動の強さを示す「振動加速度パワースペクトル密度」のピーク値で比較)と、大幅に低減されたという。

(佐々木康弘)