ザイ・オンラインの読者のみなさん、はじめまして。
 ポイントのポータルサイト「ポイ探(ポイント探検倶楽部)」(※1)を運営している菊地崇仁です。今月からクレジットカードやポイント、マイレージ(以下、マイル)についての連載コラムを持つことになりました。よろしくお願いします。

 読者のみなさんの中にはクレジットカードで貯まるポイントやマイルと言うと「小さいこと」のように感じる方もいるかもしれませんが、「年に2回、無料航空券を利用して家族4人で旅行に行っています」というと、「ほぉー」と思われる方もいるでしょう。

 実際、私はこの数年でお金を払って飛行機に乗ったのは緊急時の1回だけ。それも、無料航空券は4日目以降の予約しか取れないので、やむを得ず利用しただけで、あとはすべて貯まったマイルを航空券に交換して乗っています。

 このように、クレジットカードを活用すると意外とお得な生活ができるのです。

消費税の増税分への対策は
クレジットカード&ポイントの活用がキモ!

 さて、2014年4月から消費税が8%になることが決定しましたね。これまでの5%から3%アップします。例えば、10万円の消費をするとこれまでなら消費税は5000円でしたが、2014年4月からは8000円となり、3000円も税金が上がるわけですから、家計は確実に苦しくなりそうです。

 この増税分の3%をどうやってやりくりすれば良いでしょうか?

 解決方法として以下の3つを挙げてみます。
1)収入を増やす
2)節約する
3)クレジットカードやポイントを活用する

 毎月の給与アップを目指すのは難しいので、収入を増やすには「投資」が一番の近道でしょうか。2014年からはNISAも始まるので、これから投資を始めたいというタイミングには合っていますね(気になる方はこちらのページを参照してください)。ただし、投資ですのでリスクはあります。

 次に、よく取り上げられる「節約」ですが、「節約=消費を抑える」なので、増税で消費が抑えられて税収が下がれば、政府としては本末転倒ですね。それに、節約はストレスも溜まりますので、できれば消費を抑える以外の方法で乗り切りたいところです。

 ほぼ「節約」と同じ意味で取り上げられる「クレジットカードやポイントの活用」ですが、これらを「商品購入時のおまけ」程度に考えている方がいるとすれば、それは少し違います。

 今回は、「クレジットカードやポイントを活用する」について説明していきます。

ポイントを上手に活用している人は、
年間8万3000円分も得をしている!

 野村総合研究所の試算によると、2012年の1年間に発行されたポイントは約1兆円です。その1兆円を日本国民全員で割ってみます。

 2012年10月1日時点での日本の人口は総務省の調査によると1億2751万5000人ですので、一人あたり約7842円分のポイントを1年間で受け取っている計算になり、1カ月平均では653円分です。

 653円と言うのは一人あたりですので、4人家族の場合は2612円。もちろん、今回利用した人口には、ポイントを獲得しない0歳時なども含まれていますので、実際はもう少し多いはずです。

 ここで話を戻して、消費税増税とポイントについて考えてみましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)