●ケモノなスパイ

(画像:「アウトブレイク・カンパニー」公式Webサイトより)
©榊一郎・講談社/OBC製作委員会

<キャスト>
加納 慎一:花江夏樹
古賀沼 美埜里:内田真礼
的場 甚三郎:藤原啓治
ペトラルカ・アン・エルダント三世:渕上舞
ガリウス・エン・コルドバル:三木眞一郎
ザハール宰相:一条和矢
ミュセル・フォアラン:三森すずこ
エルビア・ハーナイマン:上坂すみれ
ロミルダ・ガルド:本多真梨子
ロイク・スレイソン:高橋孝治

●ストーリー
加納慎一は自宅警備員であった。およそ一年間に及ぶ自宅警備員の生活は親によって強制的に終了させられた。そんな慎一が切羽詰まった挙句に、就活で手にしたのは異世界でオタク文化を紹介し広める仕事だった。殆ど拉致に近い状態で慎一が連れてこられた先はドラゴンが普通に空を飛ぶ神聖エルダント帝国だった。そこで出会ったハーフエルフのミュセルや神聖エルダント帝国皇帝のペトラルカとも仲良くなり、慎一の仕事は順調に滑り出したかに思えた。そんな矢先に過激組織によるテロ事件が発生する。果たして慎一は「萌え」で世界を改革することが出来るのか。
●侵略者
テロリストによって重傷を負ったミュセル。急いで病院へ駆けつけた加納 慎一ですが…。

ミュセル「あっ、旦那様!」

ミュセルは思ったより元気そうです。流石に暫くは入院することになりますが…。

的場 甚三郎「来て早々、大変なことに巻き込まれて…。」
加納 慎一「的場さん、僕たちは侵略者なのでしょうか?」


テロリストから見て、彼等は侵略者に見えたのは間違いないです。しかしながら、それは神聖エルダント帝国の国民全員の総意なのでしょうか?
●学校完成
漸く学校も完成し、本日は授業初日。加納 慎一が校長で古賀沼 美埜里が講師となったのですが…。

クラスでは人間以外にエルフやドワーフ等の亜人間も多数いるため、かなり険悪な様子。

※種族間の差別意識が強いのです。

授業の内容。初めは日本語の教育からですが、これについてはかなり真面目に行っています。

※「国語」又は「外国語」を重視しているようです。

そして暫く後、メインのオタク文化の授業ですが…。

加納 慎一「絶対領域!」

※女性のスカートとニーソックスの間の部分ですね。

加納 慎一「はいてない!」

※女性がスカートの下にパ○ティを履いてないように見える状態を指します。

古賀沼 美埜里「校長の授業は高度過ぎますので初心者向けに私が…。」

ところが、

古賀沼 美埜里「総受け!」

※BLで言うところの「攻め」と「受け」の「受け」役の男性が愛されまくるという事…。

どう見てもBLです。本当にありがとうございました!

古賀沼 美埜里「男の娘!」

※女装子とか…。

別の意味で高度過ぎます!
●スパイ大作戦!
屋敷にやってきた侵入者。捕らえてみると、ウェアウルフの少女。名前はエルビア・ハーナイマンですが、本人は放浪画家を主張していますが…。

古賀沼 美埜里「スパイでしょうね。」

と彼女は連行されてしまいます。それを見た加納 慎一、

加納 慎一「そんな…。おっぱ○も大きい獣耳の娘が!」

彼の注目する点はやっぱりそこですか!

翌日、皇帝ペトラルカへの謁見をする加納 慎一、古賀沼 美埜里、ミュセルですが…。先日のエルビアの話になると、

ガリウス「スパイの件は君の仕事とは関係が無かろう。」
加納 慎一「いえ、関係あります。オタク文化の中で絵の重要度は極めて高く神聖エルダント帝国での嗜好に合わせた絵師の存在が必要です。」

ペトラルカ「慎一、やけにそのウェアウルフの娘を庇うな。もしや胸が大きい娘じゃないだろうな?」
加納 慎一「いえ、胸なんかペッタンコで…。」
●エルビア、お抱え絵師になる!
そこで呼び出されたエルビア。彼女の胸はかなり大きく流石にペッタンコとは言えません。

ペトラルカ「これでペッタンコか。慎一の基準は厳しいのう。それではわらわはどうなるんじゃ、ミュセル?」

エルビア「私は東からやって来て軍事機密っぽいものを模写して描いて送れ、なんて言われてないっすよ!」

エルビア、全くスパイである事を隠す気すら無し!

加納 慎一「だって獣耳なんだもん!」
ガリウス「開き直ったな。」


明らかに加納 慎一、エ○い事を考えています!

それを誤魔化すためなのか、

古賀沼 美埜里「慎一君はガリウスさんと相思相愛なんですからっ!」

明らかに「ウホッ!いい男…」路線です。本当にありがとうございました!

しかもガリウスも満更でも無い様子。

加納 慎一の閃きでエルビアに嘘情報を流させるために絵師として雇う事になります。

ペトラルカ「慎一の周りは女だらけでは無いか!」

※ペトラルカは少し不満気味ではあるようですけど。

エルビア、喜びのあまり加納 慎一におっぱ○を押し付けて抱き付く!

「アウトブレイク・カンパニー」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第3話「学校と教育、そして平等と文化」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第2話「身分制度による差別」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第1話「自宅警備員がメイドや幼女皇帝と戯れるアニメ」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「アウトブレイク・カンパニー」TVアニメ公式Webサイト