写真提供:マイナビニュース

写真拡大

広島県は26日より、広島県・せらワイナリーにて「せらヌーヴォーまつり」を開催する。

○ワインの魅力を堪能できる1か月間

同県では今年度、民間事業者などの企画力や運営ノウハウなどを活用し、県内の観光資源をより魅力あるものとしていくため、「民間事業者等のノウハウを活用した誘客強化事業」を実施している。同イベントはその一環として、ヌーヴォー(新酒)の特別試飲会やチーズフェアなど、ワインをおいしく楽しめる企画のほか、週替わりでワインにちなんだ各種イベントを開催。ワインの魅力を堪能できる1か月間となるという。

「特別ワイン試飲会」は、10月26日〜11月30日の土・日・祝 9時〜17時実施。同イベント用に設けた特別試飲室で、10月26日・27日はヌーヴォー先行試飲(発売は11月2日〜)、11月2日からはスパークリングワイン特別試飲を実施(有料、簡単なおつまみ付)する。今年のヌーヴォーの特徴について、ソムリエやスタッフによる解説も行う。ワインの試飲が限られているため、なくなり次第終了となる。

「せらヌーヴォー発売&ステージイベント」(11月2日〜4日 10時〜)では、和楽器楽団や地元バンドの演奏などのステージイベントを実施。飲食屋台も同時出店。また、世羅高校の駅伝優勝を祈願したもちまきも実施する(3日のみ)。

そのほか、各国から集めた珍しいチーズを特別試飲室で試食・販売する「チーズフェア」(11月9日 10時〜)、ワインラベルに自分で文字やイラストを描き、世界に1つだけのオリジナルワインを作れる「ワインラベル作製体験」(11月17日 11時〜14時)を開催。その他、サブ企画も多数用意されているという。

さらに11月21日には、せら夢公園にて「せらヌーヴォー発売記念杯グラウンドゴルフ大会」が実施される。

せらワイナリーの所在地は、広島県世羅郡世羅町黒渕518番地1。その他、詳細は同ワイナリーWebサイトで確認できる。

(エボル)