サムスンがアルバイトを使ってネット上で HTC を中傷 / やらせがバレて3300万円の罰金

写真拡大

世界中で激化するスマートフォン戦争。どのメーカーもしのぎを削るなか、台湾の現地法人である台湾サムスンが学生アルバイトを使って、インターネット上に現地企業 HTC の商品を中傷する書き込みを行っていた。

この問題はかねてより指摘されていたが、台湾の公平交易委員会(公正取引委員会に相当)が調査に乗り出し、2013年10月24日、台湾サムスンに対し約3300万円の罰金を命じていたことがわかった。

・競合メーカーを中傷する書き込み

公平交易委員会の発表によると、台湾サムスンは現地業者に委託して、インターネット上に「消費者の声」として自社製品を褒め、競合メーカーであるHTCの製品を中傷する書き込みを行っていたそうだ。書き込みを行っていたのは、学生アルバイトであったという。

・書き込みは2007年頃からか

台湾サムスンと現地業者によるインターネット上の「やらせ」は2007年頃から行われていたとされている。競合メーカーへの誹謗中傷だけでなく、サムスン製品のネガティブな評価の削除なども行われていたそうだ。

・サムスンに約3300万円の罰金

市民からの告発により、この事実は明るみになり、2013年4月より公平交易委員会は調査を進めていた。そして、10月24日、法に抵触するとして台湾サムスンに1000万台湾ドル(約3300万円)の罰金、実際に書き込みを行った業者に100万台湾ドル(約330万円)の罰金を科すと発表したのだ。

・サムスンは中傷の事実を認める

この「ネット上での中傷」について、サムスンは発覚当初から「このような事態になって大変遺憾です。原因は(現地子会社が)サムスンの理念を理解していなかったにほかなりません」と認めている。

・ネガティブキャンペーンはとても残念なこと

スマホ市場は、各社しのぎを削っている状態だ。サムスンは、iPhoneと人気を二分すると言われているが、HTCなど中華系メーカーの猛追に焦りを感じているとも言われている。

だが、サムスンの製品だって素晴らしい。それは、世界中で多くのユーザーの支持を得ていることからわかるだろう。ネガティブキャンペーンは露見すれば、一気にイメージダウンにつながる危険な方法だ。製品を愛しているユーザーや開発者のためにも、今後は真っ向勝負をしてほしいものである。

参照元:公平交易委員会、solidot、網易新聞(中国語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


この記事の動画を見る