写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本デザイン振興会は10月30日〜11月4日に、東京ミッドタウンにおいて、グッドデザイン賞受賞発表展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2013」を開催する。

○デザインを体験できるワークショップも

同イベントでは、本年度の最新のグッドデザイン賞を受賞した商品・建築・デザインプロジェクトなどの全点1,212点を展示紹介する。特に全受賞作の中でも高い評価を得た「グッドデザイン・ベスト100」は、ホールで映像を用いた特別仕様での展示となる。

第一会場では、グッドデザイン・ベスト100を手がけたデザイナーの公開プレゼンテーションを開催。また、10月1日に発表された候補デザイン10点の中から、「グッドデザイン大賞」を決める投票も行う。さらに、特設ステージでは、デザイナーを招いたトークショーや学生のプレゼンテーションなど多彩なプログラムを行う。

六本木ヒルズ ウェストウォーク2F 南側吹き抜きでは、子供向けワークショップを開催。グッドデザイン賞審査委員と受賞デザイナーによるオリジナルのプログラムで、「時計をつくろう(11月3日)」や「コマ撮りアニメーションをつくろう(11月4日)」などを実施する。申し込みは公式サイトで受け付けるが、当日申し込みが可能なプログラムもある。

また、東京ミッドタウン内各所では、東京ミッドタウン・デザインタッチと連携し、同施設の各所をめぐるスタンプラリーを実施。ガレリア1Fインフォメーションではエコバックを配布しており、エコバッグにスタンプを集めると、オリジナルのバッグを作ることができる。

開催時間は、11時〜20時(10月30日は11時〜15時。最終日17時終了)。入場料は一般1,000円(中学生以下無料・6日間有効)。ただし、一部に入場料が不要の展示エリアもある。

(フォルサ)