着衣わずか18分半の衝撃映画、傑作舞台劇の映画化作品「愛の渦」。

写真拡大

人気劇作家、三浦大輔の主宰する演劇ユニット・ポツドールの代表作として2006年第50回岸田國士戯曲賞に輝いた傑作舞台劇「愛の渦」。その映画化作品となる「愛の渦」の劇場公開日が2014年3月1日(土)に決定し、第1弾ポスタービジュアルも解禁された。

「男性:2万円、女性:千円、カップル:5千円」――。午前0時〜5時の間に都会の一室で営まれる乱交パーティ。働きもせず引きこもり、親の仕送りを使ってまでその宴に参加する主人公の“ニート”を演じるのは、若手実力派俳優として頭角を現してきた池松壮亮だ。

そしてポスタービジュアルを飾るのは、ヒロインを演じた門脇麦。上半身裸で物憂げに視線を送っているビジュアルはインパクト大だ。門脇は監督がその存在感に惚れ込んで“地味で真面目な容姿ながら、誰よりも性欲の強い女子大生”という難役に大抜擢され、「彼女と心中するつもりで作品を撮ると決めた」とのコメントに応える体当たりの演技をみせている。

ほかにも新井浩文、滝藤賢一、窪塚洋介、田中哲司、三津谷葉子といった、日本映画界を支える個性的かつ実力のある豪華なキャストたちが名を連ね、欲望渦巻く群像劇を繰り広げていく。「乱交パーティ」「したくてたまらない」「好きになってんじゃねーよ」などと意味深かつ過激な言葉の数々がR18+指定、上映時間123分中着衣時間は18分半というセンセーショナルな内容を想起させる。

果たしてヒロイン・門脇の見つめる先には何が待ち受けているのだろうか。映画「愛の渦」は2014年3月1日(土)テアトル新宿ほかにて公開。