写真提供:マイナビニュース

写真拡大

家の中でいつもお子さんが好んで過ごしている場所はありますか? また、逆に苦手だったり、行きたがらない場所はありませんか? 間取りは家々で異なるとはいえ、子どもが好きだったり、嫌いだったりする場所はきっとどのご家庭にもあるはず。今回は子どもをお持ちの方を対象に、家の中でお子さんが好きな場所、嫌いな場所についてアンケートを実施しました。

■「一番好きな場所」は「リビング」が圧倒的多数

Q.あなたのお子さんが、「家の中」で一番好きな場所はどこですか?

リビング……:67.2%
寝室……:14.4%
※5%未満は略

「リビング」が全体の約7割を占める結果に。主な理由としては以下の通りです。
・「家族みんなが集まる場所だから」(30歳/女性/情報・IT)
・「テレビもおもちゃもあるし、自由に動けるから」(29歳/女性/金融・証券)
・「一番広い場所だから」(35歳/男性/金属・鉄鋼・化学)
・「お気に入りのソファがあるから」(30歳/女性/団体・公益法人・官公庁)

子どもの年齢に関係なく、「リビング」を好きな場所と挙げる方が圧倒的多数でした。家族の集まる場所という認識が、小さな子どもにもおのずと芽生えているようです。「リビング」が家族団らんのぬくもりを感じる場所であるだけではなく、「日当たりがよく気持ちがいいから」というように、物理的に温かさを感じる場所という理由も複数挙げられました。
2番目に多かったのが「寝室」で、主な理由は「ベッドで遊ぶのが好きだから」「寝るのが好きだから」。「リビング」と共通しているのが、親と一緒に過ごせる場所であるということ。また、中学生以上のお子さんになると、「寝室」=「自分の部屋」はプライベート空間であり、最も落ち着く場所として好まれるようです。

■「行きたがらない場所」は“暗くて狭いところ”

Q.あなたのお子さんが、「家の中」で行きたがらない場所はどこですか?

押し入れ・クローゼット……:14.7%
トイレ……:11.2%
寝室……:9.8%
風呂場……:9.8%
※「その他」を除く、5%未満は略

アンケートでは、全体の約4割の方が「その他」を選び、中でも小さいお子さんをもつ方からは「行きたがらない場所は特になく、どこそこ構わず動くので困る」という意見が多く寄せられました。
具体的に挙がった「行きたがらない場所」の中で最も多かったのが「押し入れ・クローゼット」。「暗くて怖いから」という理由がほとんどでした。中には、鬼やお化け、だるまが出ると言って行きたがらないお子さんも。他に「行きたがらない場所」として挙げられたのが「トイレ」「寝室」「風呂場」で、共通して「暗くて狭いところ」であることがわかります。「寝室」は「好きな場所」と「行きたがらない場所」の両方に多く見られ、子どもの中でも両極に分かれる結果となりました。

今回の調査では「好きな場所」は「リビング」、「嫌いな場所」は「押し入れ・クローゼット」をはじめとする「暗くて狭い場所」ということがわかりました。小さな子どもにとって「暗い、狭い」=「怖い」場所のイメージが強いので、「嫌いな場所」は年齢が上がればだんだんとなくなっていく傾向にあるようです。また、好きな場所である「リビング」は家の中心となる場所なので、子どもだけでなく、家族みんなが好きな場所であるといいですね。日当たりのよいリビングや、どの部屋からもつながるリビングなど、小さなお子さんがいらっしゃる方はお部屋選びの条件の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【アンケート対象】
調査時期 : 2013年7月22日〜8月7日
調査対象 : マイナビニュース会員(子ども有り限定)
調査対象数 : 348人
調査方法 : 回答者限定ログイン式アンケート