<JGTO Novil FINAL 2日目◇24日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(7,211ヤード・パー72)>
 千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンを舞台に開催中のチャレンジツアー最終戦「JGTO Novil FINAL」。今大会にはチャレンジツアー賞金ランキング上位36名が参戦。来季の出場権をかけた熱い戦いが展開されている。
遼、松山、W宮里などプロカメラマンが選んだ珠玉の写真
 2日目を終えた時点で単独首位に立ったのは竹谷佳孝。竹谷は前半こそノーバーディ1ボギーの“37”でスコアを1つ落としていたが、後半7バーディを奪う圧巻の猛チャージで“29”をマーク。これには竹谷自身も「試合では初めて。練習とかでは27とか28はありますけど」と驚きの声を上げ、「パターが入っただけです」とこの日のラウンドを振り返った。
 バックナインの猛チャージによってトータル9アンダーまでスコアを伸ばした竹谷は最終日を前に2位に3打差をつける単独首位。今大会の結果次第で来季のレギュラーツアー前半戦の出場優先権を手にできるだけに、是が非でも初優勝をつかみたいところだ。

【2日目の結果】
1位:竹谷佳孝(-9)
2位:河瀬賢史(-6)
3位:貴田和宏(-5)
4位T:谷昭範(-4)
4位T:稲森佑貴(-4)
4位T:森本雄(-4)
4位T:金亨泰(-4)
<ゴルフ情報ALBA.Net>