顔を近づけてきたカイル・アグオンをしっかりと受け止めた田中路教 (C)MMAPLANET

写真拡大

24日(木・現地時間)、明日25日(金・同)にグアムのUOGフィールドハウスで開催されるPXC40の公開計量が、PICグアムのアンディシアターで行われた。

メイン出場の田中路教とグランドスラムの同門・加藤忠治は前日の夜にグアム入りを果たしたが、加藤が減量に苦戦。体重計を持って体重を落としにいき連絡が途絶えてしまったため、田中は半身浴を取りやめ、ランニングをくり返し体重を落した。

そんな田中に対し、挑戦者カイル・アグオンは下着を脱ぎ、バスタオルに覆われて体重計に乗ったが0.5ポンド・オーバーで、再計量が必要となった。加藤は155ポンドでパス、1ポンド・オーバー規約を用いずにピッタリと体重を合わせたが、本人は「落し過ぎた」と語っていた。順調に体重を落していたタクミも、145・5ポンドと1ポンド・オーバー規約内で無事、計量を終えている。なお、今大会の計量結果は以下の通りだ。

■ PXC40 対戦カード

<PXCバンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]田中路教:135ポンド(61.24キロ)
[挑戦者]カイル・アグオン:135.5ポンド(61.46キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
VV Mei:115ポンド(52.16キロ)
パトリシア・ヴィドニック:115ポンド(52.16キロ)

<フェザー級/5分3R>
カイル・レイジェス:145ポンド(65.77キロ)
キム・テギュン:145.5ポンド(66キロ)

<フェザー級/5分3R>
タクミ:145.5ポンド(66キロ)
ウィル・チョープ:144ポンド(65.32キロ)

<バンタム級/5分3R>
トレヴィン・ジョーンズ:136ポンド(61.69キロ)
アルヴィン・カクダック:136ポンド(61.69キロ)

<ライト級/5分3R>
加藤忠治:155ポンド(70.31キロ)
タイロン・ジョーンズ:155ポンド(70.31キロ)

<フライ級/5分3R>
ジョシュ・ドゥエナス:125ポンド(56.7キロ)
マクレーン・アルフレッド:126ポンド(57.15キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジェイ・タイロン:138.5ポンド(62.82キロ)
ロマン・アルバレス:134ポンド(60.78キロ)