『社員が本当におすすめするノザキのコンビーフレシピ』(川商フーズ監修、文芸社)

写真拡大

国産初のコンビーフ缶詰「ノザキのコンビーフ」は、1948年の発売から今年(2013年)で65周年を迎えた。製造元は「野崎産業」から「川商フーズ」に代わったが、いまも「ノザキ」ブランドは愛されている。

そんな「ノザキのコンビーフ」を使ったレシピ本『社員が本当におすすめするノザキのコンビーフレシピ』(川商フーズ監修、文芸社)が発売された。13年10月25日の書籍紹介番組「J-CAST THE FRIDAY」では、川商フーズの周宣堂さんと担当編集者を招く。

フレンチシェフ直伝のレシピも

「コンビーフ」は塩漬け牛肉を意味する「Corned Beef(コーンド・ビーフ)」から名付けられた――そんな語源から歴史、製造行程や「巻き取り鍵」による缶のあけ方など、読み物としても楽しめる。

同書では「かんたんコンビーフレシピ」「野菜たっぷりコンビーフ」「ヘルシーコンビーフレシピ」「おもてなしコンビーフレシピ」「満腹コンビーフレシピ」の5つのパートに分けて、川商フーズ社員が考えた69のレシピを紹介している。巻末にはフレンチシェフによる4つのレシピも載っている。

J-CAST新スタジオからの初配信。番組はUSTREAM(ユーストリーム)・ニコニコ生放送で、昼12時半から同時生中継する。放送終了後にはYouTubeでもアーカイブを配信予定。