上戸彩 “母親願望”語る「いいお母さんになりたい」

写真拡大

 10月12日に映画『おしん』の初日舞台挨拶が 都内で行われ、女優の上戸彩(28)が出席。昨年9月にEXILEのHIRO(44)と結婚し、この日は “子作り宣言”ともとれる発言が飛び出した。

 上戸は今回演じた母親役について「“ふじ”は理想の女性」とコメント。自身の母親を振り返り「共働きでも家事をちゃんとこなしていた。憧れでした。私もいいお母さんになれたら」と話した。

 いっぽう、共演の泉ピン子(66)は子役の井頭愛海 を「デビューしたころの彩ちゃんに似てる。演技もいい」と絶賛。続けて「剛力彩芽の後を狙っているんだろう?」と話し、笑いを誘っていた。

 また、主人公の“おしん”を演じた濱田ここね(9)は『山路ふみ子映画賞』の「新人女優賞」を史上最年少で獲得。ピン子は「もう女優やめちゃだめだよ!」とエールを送り、上戸も「本当にここねが頑張ったから」と祝福していた。

(撮影/鈴木鍵一)