協力: 代官山蔦屋書店

 

01. Girls on film #13

フィルムで撮られたポートレートを掲載するコンテンポラリーフォトグラフィーZINEの“girls on film”。ガーリーで、強い個性を感じる女の子たちが、フィルムの独特の質感によって活写されます。

価格: 1,909円
購入はこちらから

 

02. Boys on film #8

フィルムで撮られたポートレートを掲載するコンテンポラリーフォトグラフィーZINEの“Boys on film”。クールなだけではなく、スイートでキュートな表情は印象的な男の子たちが活写されます。

価格: 1,909円
購入はこちらから

 

03. The CARTON issue5

レバノンはベイルート発「食」にフォーカスを当てた新雑誌『The CARTON』。NYでも話題のタイトルです。最新 issue6 ではトルコのカルチャーが特集されます。もちろん、有名なトルコアイスについても、制作工程なども含め詳しく紹介れます!
他にもモロッコはカサブランカのガストロノミーのリポートに、「THE DIASPORA」と題し、移民たちによるレストランやカフェにフォーカスを当てます。今号もなかなか知ることのできない貴重なコンテンツで、明るみにでない世界が語られます。

価格: 1,587円
購入はこちらから

 

04. Human being journal issue 2

1996年創業、アパレルのヴィンテージ・コレクションで有名なお店 Need Supply Co. より出版されている『Human being journal』の2号目!
手のひらにしっくりくるサイズ感に、ガーリーかつ洗練されたファッションフォトの数々は、『love want magazine 』や『babybabybaby』、はたまた『Kinfolk』などにも繋がるポテンシャルを持った雑誌です。

価格: 1,575円
購入はこちらから

 

 

05. Motherland magazine issue9

インド発、現代インドカルチャーを紹介する新雑誌“Motherland magazine”ステレオタイプな考え方、思考から脱却すべく、インドという国の「真実」を、「今」を美しい写真と共にリポートします。12億もの人々が暮らす国インド、様々な文化が入り混じり、ぶつかり合い、淘汰されたそのカルチャーは私たちの予想をはるかに超えるディープなものに進化しています。

価格: 1,001円
購入はこちらから