写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パートナーエンターテインメントが運営する「蓼科テディベア美術館」(長野県佐久郡)は、10月26日・27日に、テディベア生誕111周年記念のイベント「テディベア111th生誕祭」を開催する。

○期間中は入館料が半額に

同館は、信州・白樺湖畔にある世界最大規模のテディベア美術館。15の国と18のテーマで約1万1,000体のテディベアを展示しており、現在はギネス認定の世界最小テディベアも公開している(2013年9月現在)。

このほど、テディベア生誕111周年を記念したイベントを10月26日・27日に開催。入館者全員にミニベアをプレゼントする。また、期間中は入館料が半額、幼児(小学生未満)及びシニア(60歳以上)は無料になる。さらに期間中、午前・昼・午後の1日3回、大きなクマが風船を配る風船プレゼントイベントも実施。クマと一緒に写真撮影をすることも可能となっている。

○打ち上げ花火やナイトミュージアムも

10月26日には、生誕111周年記念の花火を打ち上げる。時間は19時30分からで小雨決行。また、同日の夜はナイトミュージアムとして美術館を無料開放する。いつもとは雰囲気が違う夜の美術館で、ベアたちの知られざる表情も楽しむことができる。時間は17時30分〜19時30分の2時間。

同館の入館料は、大人(高校生以上)1,400円、子供(小・中学生)800円、幼児(3才以上)300円、3才未満 入館無料。開館時間は、4月〜10月は9時〜18時。11月〜3月は9時30分〜17時。

イベント詳細は、公式サイトでも公開している。

(フォルサ)