過去最大30コンテンツ 三越伊勢丹デザインウィーク開幕

写真拡大

 伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、銀座三越の基幹3店舗で10月23日、全館を通して暮らしのデザインを考えるデザインウィーク「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK」が開幕した。6年目を迎える今回は、「HAND MADE BY / FOR ME」をテーマにこれまでで最大の30を超えるコンテンツをラインナップ。「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」の余り布を使ったアームチェアが展示されている「ふしとカケラ」をはじめ、ifs未来研究所所長の川島蓉子氏による「川島屋未来百貨店」、「A.P.C.(アー・ペー・セー)」のアーカイブ生地を用いた「A.P.C. QUILTS LIFE」などが展開されている。

三越伊勢丹デザインウィーク開幕の画像を拡大

 今回の「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK」は、スローライフやロハスといった言葉のように、自分に見合ったリズムで時を過ごしリアルな感覚で等身大の暮らしをしたいというニーズに答えるべくテーマを「HAND MADE BY / FOR ME」に設定。より顧客に届くことを目指し、日本的なコンテンツや自然が感じられるプロダクトを多く揃えているのが特徴で、間口を広げコンテンツ数を拡充した。伊勢丹新宿店では本館5階を中心に、今年8月に国内初のコンセプトコーナーショップをオープンさせた「marimekko(マリメッコ)」のクラシックプリント「PUKETTI」で作った限定商品を扱う「MARIKAUPPAへようこそ marimekko」や、名作セブンチェアに色どり豊かな張り地を施した特別バージョンが登場する「Fritz Hansen meets DESIGNERS GUILD」、日本橋三越本店では能作と富山ガラス工房のコラボレーションが実現した「Upcycle 〜現代に感じる高岡・能作伝統の技術〜」、銀座三越では「川島屋未来百貨店」など、基幹3店舗で合計30コンテンツ以上が用意されている。

 伊勢丹新宿店本館では初日、閉店後に関係者に向けた内覧会が開かれ、1階=ザ・ステージでスタートした「ふしとカケラ」に「minä perhonen」のデザイナー皆川明氏とプロダクトデザイナー深澤直人氏が駆けつけた。「ふしとカケラ」では、マルニ木工のフラッグシップモデルで深澤氏がデザインしたアームチェア「HIROSHIMA(ヒロシマ)」の座面に「minä perhonen」の余り布を利用したパッチワークを用いた椅子などを展開。皆川氏は、ふしのある木と布のカケラの融合から制作されたプロダクトについて「行く場所が決まっているとのことで、ファブリックも喜んでいるようにみえる。新しいプロダクトの価値を生んでいけたのではないか」と語った。

■ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK
 期間:10月23日(水)〜11月5日(火)
    ※一部コンテンツは10月29日(火)まで