ワールドがフリーピープル旗艦店を初公開 原宿からアメリカ流ボヘミアン発信

写真拡大

 アメリカのアーバン アウトフィッターズ社が展開するライフスタイル型ウィメンズカジュアルブランド「Free People(フリーピープル)」のアジア初となる旗艦店が、10月23日に初公開された。原宿明治通りからキャットストリード側へ1歩奥に入った場所に位置し、全3フロア構成の大型路面店。旗艦店の出店を皮切りに、ワールドは「Free People」の国内での単独出店を強化するとともに、同社の大型ストアやECサイトなど様々なチャネルでの展開、また高感度なセレクトショップ業態への卸売事業を推進していくという。

ワールドが米フリーピープル旗艦店を初公開の画像を拡大

 フリーピープル 原宿は、アメリカ東海岸にインスパイアされたホワイトオフカラーの外観が特徴。広さ710平方メートルの店内は、クリエイティブなカップルが作り上げたという設定でカップルの手書きラブレターを各所に飾り、エスニックな照明や什器も取り入れた。1階をアパレル物販、2階を主にイベントスペースとして利用し、現在準備中の3階は新スペースとして来春から営業を開始する予定。コレクションはボヘミアンガールのMeadow(メドー)やパーティー好きなGinger(ジンジャー)などフリーピープルガールと呼ばれる5人の女性に着想を得たデザインが特徴で、20代後半から30代前半の女性をターゲットにボヘミアンテイストを軸に商品を揃える。中心価格はジャケットが23,000円、シャツが14,000円、ワンピースが17,000円、パンツが12,000円、服飾雑貨が4,800円など。なお、旗艦店の隣には常設のショールームを設ける。

 ワールドは昨年10月にアーバン アウトフィッターズ社と国内における独占販売契約を締結し、これまでに百貨店や同社のビューティーセレクトストア「オペーク」などでポップアップストアを展開してきた。「Free People」は原宿店がオープンする10月25日にルミネエスト新宿1階にも同時出店し、今後は「好立地であれば路面店や百貨店、ファッションビル、ショッピングセンターなど形式にこだわらず店舗拡大を目指す。日本オリジナル商品の開発も視野に入れる」(ワールド執行役員BSPA統括部長 丸山昇二)という。

■フリーピープル 原宿
 オープン日:2013年10月25日(金)
 住所:東京都渋谷区神宮前6-16-23
 営業時間:11:00〜20:00(不定休)

■フリーピープル ルミネエスト新宿店
 オープン日:2013年10月25日(金)
 住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店1階
 営業時間:平日 11:00〜22:00 / 土日・祝日 10:30〜22:00

 http://www.freepeople.co.jp/