伊勢谷友介 舞台挨拶中の大ポカで…三谷監督に“公開謝罪”

写真拡大

 「僕はこの作品で初めて、三池さんの作品に出演し……」という挨拶で会場を笑いに包んだ伊勢谷友介(37)。

 10月15日、三谷幸喜監督(52)の映画『清須会議』(11月9日公開)の舞台挨拶が都内で行われ、三谷のほか役所広司(57)、大泉洋(40)、伊勢谷友介らが登壇した。

 同作で織田の弟を演じた伊勢谷は、挨拶のなかで三谷監督の名前を三池崇史監督(53)と間違える大失態。これには三谷幸喜も怒りの演技で応酬し、伊勢谷は「間違えてしまい申し訳ありませんでした!」と公開謝罪した。

 また、この日は大型台風に見舞われるも、約3800人の観客が来場。三谷は「10年に1度の台風のなか来てくださってありがとうございます。すべて“雨男”の大泉洋のせいです」と挨拶した。当の大泉は「監督から『またお前か』というメールが来ましたが、僕のせいじゃないですよ!」と否定し、会場を笑わせていた。

(撮影/小山伸正)