戸田恵梨香 上機嫌で“代表作”をPR「エリカ様です」

写真拡大

 10月22日、映画『劇場版SPEC〜結(クローズ)〜漸(ゼン)ノ篇』の完成披露舞台挨拶が都内で行われ、主演の戸田恵梨香(25)、加瀬亮(38)ら出演者と堤幸彦監督(57)が登壇した。

 戸田は会場からの「エリカ様ー!」という声援に応え、「ありがとうございます。エリカ様です」と挨拶。ドラマ『SPEC』シリーズの完結編となる同作について、「完結するのは寂しいですが、私の“代表作”と言える作品になりました。『SPEC』に出合えて最高に幸せです」とPRした。

 撮影の話題になると、戸田は「現場を止めていたのは私です」と4000人の観客の前で謝罪。刑事役の北村一輝(44)の出演シーンで笑ってしまうといい、加瀬からは「たしかに恵梨香ちゃんは、北村さんが見えないように柱に隠れていましたね」というエピソードも。これに北村は「僕は台本通りにしただけ」と不満気に話し、会場を沸かせていた。

 また、戸田はNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で“前髪クネ男”役として話題になった勝地涼(27)との交際が報じられたばかり。退場の際に報道陣から「交際は順調?」と聞かれるも、無言で会場を後にした。

(撮影/夛留見 彩)