『Bell-netナナちゃん』登場

写真拡大 (全3枚)

 名古屋駅前に、身長6.1mの巨大マネキンが赤ちゃんをだっこして登場した。名古屋を代表するシンボル「ナナちゃん」は、季節や催事に合わせて衣装を替え、人々に親しまれている。今回の企画は産婦人科のオープンにあわせたもの。

 医療法人葵鐘会(愛称ベルネット=Bell-net、愛知県稲沢市)は2014年4月14日に、愛知・岐阜県内で葵鐘会として9番目の産婦人科「キャッスルベルクリニック」を、名古屋市西区にオープン予定だ。すでに分娩予約を開始し、里帰り出産も受け付けている。

 オープンに先駆け、分娩予約開始を記念し、10月23〜29日の1週間、赤ちゃんを抱えた『Bell-net ナナちゃん』が名古屋駅前、名鉄百貨店メンズ館 1Fエントランス前(ナナちゃんストリート内)に登場する。 期間中、女性にやさしい“しょうが紅茶”ティーバッグのサンプル配布も実施する予定だ。

 名古屋市西区及び隣接している清須市には、分娩施設がほとんど無く、ベルネットでは、キャッスルベルクリニックのオープンにより、安心して出産できる環境作りの一助にしたい、と考えている。

■関連リンク
赤ちゃんを抱えたBell-netナナちゃんが登場!!/キャッスルベルクリニック