【無所可用】第61回 お疲れの旦那様、お嬢様へ〜メイド整体サロン「癒あmaiden」整体体験レポート〜

写真拡大

毎度軟体動物のようにゆるめの話題をお送りしております「無所可用、安所困苦哉」でございます。こんなゆるいコラムでも筆者は相当な肩こり持ちです。ということで整体にたまに行っております。そんなわけでいつもお世話になっているメイド整体サロン「癒あmaiden」さんの整体レポートです。

今回は取材のため許可を得てメイドさんの撮影をしましたが、メイドさんの撮影はNGです(調度品などはOKとのこと)。ご注意ください。

【関連:あなたの「嫁」はどのキャラですか?】

施術中のメイドさん


まずは受付です。初めての方はここで説明を一通り受けます。コースの説明、お願いと注意事項、会員制度、施術後の飲み物(紅茶かコーヒー、夏場はアイスティーも)などです。初めての方は事前予約ができません。会員になると二週間前からの予約が可能になります。ここで早速プチ情報。土曜日は会員による事前予約が多く、早い時間に昼〜夕方まで埋まってしまう事も多いです。一方で日曜日はそれほどでもないとのことで、初めてであれば平日もしくは日曜日がおすすめのようです。

受付

受付が終わるとメイドさんが施術する部屋に案内してくださいます。ベルト、腕時計、メガネなどは外して荷物籠へ入れます。冬場はコートはもちろんジャケット等もハンガーに掛けます(ありがたいことに、ハンガーは2つ用意されています)。もし、アレレな場合には、レンタルでTシャツやスゥエットを借りる事もできます(有料ですが安価)。ワタシは仕事帰りにスーツで行くこともありますが、Yシャツを着たままだとなんとなく滑る感じがしました。ワタシは普段Yシャツの下にはヘインズのグレーTシャツ着用なのでワイシャツは脱いでいます。

用意が済むころメイドさんが声をかけてくれます。ナースメイドさんが部屋にやって来て、自己紹介と、特にどこが疲れているかを確認します。ここははっきり答えましょう。そして荷物籠を施術台の下へしまうと、施術台にうつ伏せに寝て、タオルをかけていただき、施術開始となります。
まずはじわじわとほぐされてきますが、ここから本気、という場合には、かなりの強さで押してくれます。強さ加減はメイドさんが確認してくれますが、「このメイドさんのどこにこんな力が!」と思ってしまう強さです。
施術箇所は30分、60分、90分の時間によって異なりますが、30分だと1〜2箇所、60分で3〜4箇所です。他に眼精疲労ケアというコースがあります。施術中に寝てしまう事が最も多いのが眼精疲労ケアだそうです。
どのナースメイドさんもきちんと訓練を受けているので、施術はたいへん気持ちいいです。ちなみにワタシ肩はナースメイドさんに「リピーター様の中で最も固い肩」「肩に鉄板入れてませんか」「旦那様、指が入りません」などと言われてしまうほどの凝り固まった肩。ナースメイドさんも全力を出してくるのでごく稀に痛いツボにはいることがありますが、60分コースでうっかり眠ってしまったこと数度という気持よさです。眠ってしまう人は実は結構多いとか。凝りも緊張もほぐれている証拠と言えるでしょうか。メイド服だけが癒あmaidenのポイントではありません。いい施術が受けられること。大事なところです。
メイドさんによって色々ですが、アキバ系からそれ以外も含めた趣味や美味しいものなど、会話がはずむこともよくあります。

施術が終わるとお茶を入れてくれます。英国アンティークの大きな時計と家具のあるコーナーで、「けいおん!」のムギちゃんが持ってきそうなティーセットでお茶を頂けます。
このコーナーにはアキバ系グッズがいろいろ。フリーマガジンもあります。

ティーセットティーセット

ここで重要なコトに気がついたりします。
60分も施術してもらってたのに、ずっとうつ伏せでメイド服をほとんど見ていないじゃないか、と。
このティータイムは施術してくれたナースメイドさんとの会話タイムでもあります。アキバ系の会話から、今日はどこが固かったとか、あまり長い時間ではありませんがいろいろとお話できます。この時はメイドさんを見ることができます。
癒あmaidenさんのメイド服は、数多くのメイド系店舗がある秋葉原でも数軒しかない「黒ロングスカート、白エプロン」という正統英国メイド服です。ティータイムのコーナーのアンティークも英国のもの。結構こだわりを持って英国調を意識した店内になっています。

ナースメイドさん

ティータイム後の会計時、会員は会員証兼スタンプカードにスタンプをいただきます。スタンプが貯まるとプレゼントがあります。詳細は癒あmaidenさんのサイトでご確認ください。
また、時節に応じて様々なイベントがあり、メイド服以外の服装のメイドさんに会える日もあります(施術中はうつ伏せなのは変わりませんが)。イベントについては下記癒あmaidenさんのサイトからご確認ください。

癒あmaidenさん看板

さて、最後に癒あmaidenさんの場所ですが、秋葉原の芳林公園の真正面のビルの3階にあります。入り口は脇道側にありますが、看板は芳林公園前に出ていますので、これを目印に訪ねてみてください。

最後にお店から一言。
「秋葉原は読書・マンガ・パソコン・ゲーム・アニメなどのコンテンツに興味のある方が多く、
それらの方々の多くは肩こりと眼精疲労に悩まされております。
また、それらの自覚の無い方も多くおられます。
癒あmaidenは、それらの方々に、せっかく”身体のケア”を受けるなら、気軽に楽しく癒されて欲しいと考えております。
そして、健康なお身体で、より一層、秋葉原の街とその楽しさを堪能して頂ければと存じます。」

癒あmaidenさま サイト http://www.yourmaiden.com/

(文・写真:エドガー)