「9.1ch」で臨場感アップ

写真拡大

ソニーは2013年10月25日、9.1チャンネルに対応したデジタルサラウンドヘッドホンシステム「MDR-HW700DS」を発売する。価格はオープンだが、市場推定価格は4万2000円前後。

音が途切れにくい「デュアルバンド無線伝送方式」採用

独自のバーチャルサラウンド技術「3D VPT」と「ドルビープロロジックIIz」に加え、「DTS Neo:X」デコーダーを搭載することで、映画の基本構成である5.1チャンネルに、背後の音を表現するサラウンドバックと、高さ方向の表現を追加するフロントハイの4チャンネルを備えた。

エフェクト機能として、「理想的な映画館の音場」を再現する「シネマモード」と、正確な方向感で再生する「ゲームモード」、人の声をより聞きわけやすくする「ボイスモード」を用意した。

プロセッサー部とヘッドホンの通信には、2.4ギガヘルツ帯と5ギガヘルツ帯の両方を使う「デュアルバンド無線伝送方式」を取り入れ、音の途切れを押さえた。プロセッサー部はHDMI端子を備え、4K映像やHD音声フォーマットに対応する。ヘッドホンは50ミリ径のドーム型で、重量は約320グラム(電池含む)。