Mac App Storeから無料でダウンロード可能

写真拡大 (全6枚)

 アップルは22日(現地時間)、OS Xの最新バージョン「Mavericks」の公開を開始した。互換性があるMacユーザーであれば無料でアップロード可能となっている。

 「OS X Mavericks」は、ことし6月の開発者向けイベント(WWDC)で発表され、一般公開の開始が待たれていた。新機能としては、Finderにタブ機能が追加され、個々のファイルにタグを登録することができ、タグによる検索・管理が可能に。またマルチディスプレイにも対応。どのディスプレイにもメニューバーが表示され、Dockも利用可能。各ディスプレイで開いているウインドウは、Mission Controlで見渡すことができるほか、AirPlayの出力先のテレビもディスプレイとして扱う事ができる。

 また、CPUの負荷を最大72%軽減し、バッテリーの持ちを改善。Safariもアップデートされ、Ratinaディスプレイに最適化された。電力使用を抑えるため、バックグラウンドで起動しているアプリや、Safariの表示されていないタブに関しては使用メモリを自動で抑えることで、CPUの使用エネルギーを最大23%削減するとのこと。

 カレンダーや地図アプリも刷新。カレンダーはデザインが一新され、天気予報、次の予定までの経路と時間などを表示可能に。地図は3D俯瞰機能「FlyOver」がMac OSでも利用可能になった。iOSとの連携も強化され、Macで設定した行き先をiOSに送る事ができる。さらに、iBooksも利用可能となった。

 ダウンロードはMac App Storeから行うことができる。対応モデルは、iMac(Mid 2007以降)/MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)/MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)/MacBook Air(Late 2008以降)/Mac mini(Early 2009以降)/Mac Pro(Early 2008以降)/Xserve(Early 2009)。