新「泡洗浄」と「温水機能」で1年中安定した洗浄力を発揮する(写真は、「NA‐VX9300L‐W」)

写真拡大

パナソニックは、洗剤を泡立ててから衣類に噴きかけて、さらに7本のシャワーと3つの洗い方の組み合わせで高い洗浄力を実現した新「泡洗浄」を開発。黄ばみの原因になる皮脂汚れまですっきり落とすドラム式洗濯乾燥機「NA‐VX9300L」ほか4機種を、2013年10月に発売した。

「温水機能」も搭載

高濃度の洗剤液を泡状にして衣類に噴きかけ、独自の浸透ジェットシャワーと3つの動きのスピンダンシング洗浄で衣類の奥まで洗剤液を浸透させて洗う新「泡洗浄」を採用。黄ばみの原因になる皮脂汚れまですっきり落とす洗浄力を実現した。

加えて「温水機能」を搭載。水温が下がることにより洗浄力の低下が気になる季節には、自動で約15度まで水温を上げる「約15度洗濯モード」によって、1年間を通じて安定した洗浄力を発揮する。除菌には高温の「約60度除菌コース」、ニオイの元となる皮脂汚れを落とす「約40度洗浄コース」も設けた。

さらに、新たに開発した「ワイドドラム」で、従来品と同じ設置面積で10キログラムの洗濯ができるようにした。

オープン価格。