EXILEが歴代最多3作目BD首位、ミスチルや関ジャニ∞など抜き単独。

写真拡大

14人組ダンス&ボーカルユニット、EXILEの最新ライブ映像作品「EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE”」(rhythm zone)が10月16日に発売され、28日付けの各映像ランキングに初登場。DVD盤が発売初週で14.8万枚、Blu-ray Disc盤が同3.4万枚を売り上げ、「総合DVD」「総合Blu-ray Disc」「総合ミュージックDVD・Blu-ray Disc」の映像ランキング主要3部門で首位となり、各部門発表開始以来、主要3部門同時制覇は史上初となった。

DVD部門の首位獲得は、「EXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY」(2010年12月発売)から4作連続通算6作目となり、Blu-ray Disc部門は「EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜」(2012年3月発売)から3作連続通算3作目。

なお、男性アーティストによる総合Blu-ray Disc部門の通算3作首位獲得は、これまで2作で並んでいたMr.Children、B'z、関ジャニ∞を抜き、2008年の同部門集計開始以来歴代単独1位となった。

今作は、2013年4月から始まった5大ドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2013“EXILE PRIDE"」の中から、5月の東京ドーム公演の模様を収録。圧巻のライブステージを余すところなく全33曲完全収録しており、特典映像にはEXILEメンバー全員が持っているそれぞれの「
EXILE PRIDE」に焦点をあて、その“想い”を鮮明に、ドラマチックに描き出したライブ・ツアー・ドキュメンタリーが収録される。