写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2020年夏季五輪の開催地が「東京」に決定しました。国際オリンピック委員会のロゲ会長が開催都市を紙で示すシーンや、招致委員会メンバーのスピーチに感動した方も多かったと思います。ご存じのとおり、東京でオリンピックが開催されるのは今回で2回目。第一回目が開催されたのは1964年。当時はオリンピックにあわせて東海道新幹線が竣工されたり、タクシーが自動扉になったりと、日本経済をあげてのイベントとなりました。さて、当時の跡地は、今どうなっているのでしょうか。面影を残すエリアをご紹介します。

■メイン会場は今も昔も「国立競技場」

2020年のオリンピックにむけて「新国立競技場」に生まれ変わる国立霞ヶ丘陸上競技場。1964年オリンピックの開会式、閉会式が行われたこの会場は、もともとは、陸軍の青山練兵場で、このエリアは、秩父宮ラグビー場、明治神宮球場まで及ぶ広大なものでした。大正時代に整備された競技場は、オリンピックを招致するためのメイン会場として、現在の姿に生まれ変わりました。

会場は、競技種目により分けられていました。「国立競技場」では陸上、「秩父宮ラグビー場」はサッカー、「代々木競技場」では、水泳、飛び込み、バスケットボールが、「東京体育館」では体操、水球、「日本武道館」では柔道が、珍しいところで「渋谷公会堂」では重量挙げなどが開催されました。また、第二会場として利用された「駒沢オリンピック公園総合運動場」は、サッカー、レスリング、バレーボール、ホッケーの会場となりました。また、フェンシングの会場として「早稲田大学記念会堂」が使用されました。都心に集中していた会場ですが、馬術競技では「軽井沢総合馬術競技場」や、カヌーでは「相模湖」、ヨットでは「江ノ島のヨットハーバー」も会場となりました。

1964年当時に建設された数々の施設は、老朽化が進んだ建物についても改修工事が施され、「東京オリンピック1964」のドラマティックな歴史を残しながら、今なお現存し利用され続けています。

2013年3月には東京体育館がリニューアルしオープンしました。フィギュアスケートなど世界レベルの大会から、日常的に利用できるトレーニングルームやプールまで、訪れる誰もがスポーツを楽しめる場として活用されています。また、施設の跡地として記念碑が残っているものでは、代々木公園一帯にあった選手村の碑があります。記念碑は五輪と、上部の銅板には当時の設置図が書かれており、現在の位置と見比べることができます。ほか、メイン競技場であった国立霞ヶ丘陸上競技場にも、金メダリストたち全員の名前が競技種目ごとに彫られているおり、当時の感動に思いを馳せることができます。

2020年に開催するオリンピックでは、「新国立競技場」が生まれ、有明など東京ベイエリアで多くの競技が行われます。2020年のオリンピック開催により、エリア自体のイメージや、住戸などの価値も変わってくるかもしれません。そんな変わりゆく街に住んで、オリンピックの盛り上がりを日々実感しながら生活するのもいいかもしれませんね。また、1964年の東京オリンピックの面影をたどって当時の雰囲気に触れてみると新しい発見もあるかもしれません。

文●青山 みなみ(エフスタイル)