顔出しNGのファッション誌「プロディズム」創刊

写真拡大

 創芸社が、大人のためのプロダクト・メンズファッションマガジン「PRODISM(プロディズム)」を創刊する。編集長は渡邊敦男(わたなべあつお)。モデルや著名クリエイターであっても全ページに「顔」が出ないということを唯一のルールに設け、「全ページ、物が主役のファッション雑誌」という既存のモノ情報収集誌とは異なる独自の世界観を打ち出す。創刊号の発売日は10月24日。

モノが主役のファッション誌「プロディズム」創刊の画像を拡大

 「PRODISM」のコンセプトは、「プロダクト至上主義」。創刊号は「SAINT LAURENT(サンローラン)」や「Supreme(シュプリーム)」のブランド特集をはじめ、藤原ヒロシのプライベートアイテムの紹介ページやアウターガイドなど多彩なコンテンツを全160ページで展開する。価格は980円。

 渡邊敦男は、「asayan(アサヤン)」や「HUGE(ヒュージ)」、「ハニカム」、「OUTSTANDING(アウトスタンディング)」などのファッション誌で計12年以上の経験を積み、今回の新雑誌「PRODISM」を立ち上げた。同氏は創刊号の発売に向けて、「ハードルは高めですが、全力で挑戦し続けます。皆様もPRODISMの誌面を見て1点でも『あっコレいいじゃん!』って思えるプロダクトに出会っていただけたら嬉しいです」とコメントを発表している。

■PRODISM
 http://www.prodism.com/