ショーアップと称して、カラオケ嬢(GRO)が客の前に並び、自分を指名して欲しいと、客に媚を売る【撮影/志賀和民】

写真拡大

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのマニラレポート。長年、フィリピン駐在の日本人企業戦士を慰め続けてきたカラオケ・クラブだが、栄枯盛衰が激しく、生まれては消え、消えては生まれる歴史を繰り返してきた。その現状は……。


 マカティにあるカラオケ・クラブ「アカシア」が250万ペソ(約625万円)で売りに出たのは2008年のこと。カラオケ「アカシア」といえば1980年代後半から20年以上営業を続けてきたカラオケの老舗中の老舗だ。

 マカティアベニュー沿いの「大好き」「ナポレオン」、パソンタモ通りの「夢の中へ」「カルチェ」などとともに、数少ない家族的なカラオケのひとつだったが、現在でも生き延びているのは「夢の中へ」くらいのものだ。いまはマニラの下町エルミタ地区やマカティのパサイロード沿いの大型ショークラブ的カラオケが隆盛で、カラオケよりもショーを見に行くという雰囲気が強い。

カラオケ嬢GROには日本語が必須

 長年、フィリピン駐在の日本人企業戦士を慰め続けてきたカラオケも栄枯盛衰が激しく、生まれては消え、消えては生まれる歴史を繰り返してきた。最近はジャパユキさんが日本に行けなくなったため、日本語が話せるGRO(Guest Relation Officer、要はホステス)が激増し、カラオケ嬢の大半を占めるようになっている。

 1990年代はマカティのカラオケは駐在員用、エルミタ地区のカラオケは観光客用と棲み分けられていたのだが、最近は企業の接待費が絞られたせいか、マカティのカラオケも観光客を相手にしないと生きていけなくなったようだ。かつてマカティにはほとんどいなかった日本語を話せるGROだが、いまや日本語必須となっている。ほとんど全員が日本のどこかで働いた経験があるのだ。

 これら観光客相手のカラオケは「イリュージョン」「アップステージ」「ブルーエンジェル」「シアワセ」「ニュー・サチ」などパサイ通りあるいはパソンタモ通り沿いの大型店が主体で、昔ながらの駐在員相手のカラオケは隅のほうでひっそりと営業を続けている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)