写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本航空(以下、JAL)はこのほど、今後のパイロットの養成に当たり、COAA社(CAE Oxford Aviation Academy Phoenix Inc.)(※)と契約を締結。日本初となるMulti-crew Pilot License(以下、MPL)を取得する訓練を、2014年4月頃より開始することを発表した。

○チームで遂行する能力を養う

MPLは、エアラインのパイロットのうち副操縦士に求められるライセンスで、2006年にICAO(国際民間航空機関)で規定され、2012年に日本においても法制化された制度。MPLの養成課程では、初期段階からマルチクルー(機長と副操縦士の2人)の運航を前提に訓練をすることで、エアラインのパイロット養成に適した体系となっている。海外では数年前から複数のエアラインで導入され、現在、既に多数のMPL訓練による副操縦士が運航に従事してる。

JALのMPL訓練では当初より乗務する航空機を特定し、4つのフェーズで一貫した訓練を進める。

・Core フェーズ(小型単発プロペラ機による訓練)
・Basic フェーズ(小型双発ジェット機によるマルチクルー運航の基礎と計器飛行)
・Intermediate フェーズ(JAL が運航するジェット機の運航に関する訓練)
・Advanced フェーズ(JAL が運航するジェット機の型式限定ライセンス取得訓練)

このうち、Coreフェーズと BasicフェーズをCOAA社に委託し、米国アリゾナ州フェニックスで訓練を実施する。MPL訓練が実現すると、従来方式よりも訓練期間が約6カ月短縮となる。この訓練では、「航空機の操縦操作や手順に関する能力」に加えて、エアラインの運航に求められる「2人のパイロットがチームとなって安全運航を遂行する能力」が初期段階から身につくという。

※世界5大陸11カ所に飛行訓練学校を持つ、基礎訓練では世界最大級のパイロット訓練機関