写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京理科大学総合教育機構理数教育研究センターはこのほど、東京都・神楽坂の同学近代科学資料館内に、五感を使って数学の理論を実体験できる「数学体験館」を開設した。

○さあ、算数・数学を体験しよう!

同館の館長は、数学者の秋山 仁氏。開設の目的は、高校までの理解不足を補う補習教育の強化。大学で数学の初年次教育を充実。さらに、学生の学習意欲や教育力向上、算数・数学の抽象的概念を分かりやすく伝えるための教具・教材等を開発し、学内外に発信することとしている。

同館は、「数学体験プラーザ」「数学工房」「数学授業アーカイブス」の3つから構成される体験的学習型施設となる。「数学体験プラーザ」では、小学校から大学までに学ぶ概念や定理・公式をハンズオンで学べる作品100点が常設展示される。「数学工房」では、数学的作品や教具を制作し、その成果を授業で活用できるようにする。「数学授業アーカイブス」は、蓄積された算数・数学の講義を、大型ディスプレイやオーディオ機器で学習できる場となる。

開館時間は12時から16時、土曜日は10時から16時までとなる。所在地は、東京都新宿区神楽坂1-3 近代科学資料館地下1階。休館日は、日曜日、月曜日、祝日および大学の休業日となる。入館は無料。

(エボル)