宮野真守告白「実は泳げない」、海の神・ポセイドンの息子役演じるも…。

写真拡大

アイドルグループ・AKB48の渡辺麻友と、千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしー、声優の宮野真守が10月21日、映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」のジャパンプレミアに登壇した。

この日の会場は、東京・品川の「エプソン 品川アクアスタジアム[イルカプール]」には、“神のパワー”が集結。イルカプール前に作られた特設舞台に、最初に登場した“ふなっ神”ことふなっしーは、海の神ポセイドンの象徴であるトライデントを手に「ひゃっはー!ハリウッドデビュー嬉しいなっしー。感謝感激梨汁ぶしゃー」と大はしゃぎ。そして宮野、渡辺が呼び込まれて3人が揃うと、具体的な映画の話題へと移った。

それぞれが演じたキャラクターと自身の共通点について、宮野は「パーシーは、主人公なんですが、ちょっと頼りない部分を持っていて、そこをお姉さん気質のアナベスに助けてもらったりするところが、人間らしくて似ているというか共感できる部分です」、渡辺は「アナベスは、しっかり者でカッコイイ女性です。戦っているシーンでは、すごい集中力を発揮するので、その感じが私のライブ直前の緊張感に似ているかなと感じます。たくさん戦うシーンもあるので是非注目してください」とコメント。

ふなっしーは「小顔なところが共通点なっしな」と語ると、すかさず宮野に「みなさん笑うところですよ。小顔!」とツッコまれていた。

また、宮野が「実は海の神・ポセイドンの息子のパーシー役なのに泳げない……」と告白すると、“ふなっ神”は「(自分は)泳げるなっしー!」とイルカプールに飛び込むもうと身を乗り出し、会場を盛り上げる。

その後、会場でハーフゴッドの力をみせてもらうことに。まずは“ふなっ神”が魔の海を召喚、ふなっしーの奇声とともに会場に雷が轟き、イルカプールにスモークが立ち込めるとそこには“魔の海”が現れた。

続いて、父から受け継いだ水を自由に操る力を持っているパーシーを演じた宮野がトライデントを手に持ちパワーを送り込むと、またも会場に雷が鳴り響き、今度は上空から霧の滝が一気に流れ込んだと思いきや、フォグスクリーンに宮野演じるパーシーの映像が映し出される演出。

さらに渡辺がトライデントを操ると映像が変わり、パーシーたちの移動を助けた海馬・ヒポカンポスが姿を現した。このハーフゴッドたちの力に会場はヒートアップ。普段はイルカが泳ぐ平和なプールも、この日は神々の力がみなぎるパーシー・ジャクソンの世界に一変してしまった。

映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」は11月1日(金)全国ロードショー。3D/2D 字幕・吹替同時公開。