「そして父になる」200万人突破、累計興行収入も25億円に迫る勢い。

写真拡大

是枝裕和監督と福山雅治がタッグを組み、赤ちゃん取り違えをテーマに描いた映画「そして父になる」の観客動員数が200万人の大台を突破した。

公開4週目に入った本作は、先週土日2日間の成績が動員11万7,363人、興収1億4,594万4,900円を記録。先行公開4日間を含む10月20日(日)までの累計成績が、動員204万9,098人、興収23億8,053万8,650円と、公開27日目に累計動員数200万人に到達した。

この好調な成績を維持するべく、10月21日(月)〜27日(日)にはYahoo!のトップバナー広告を追加。さらに10月28日(月)には前回満員御礼で好評だった新宿ピカデリーでの是枝監督のティーチインが再び決定しており、さらなる興収の積み上げが期待される。