中川瞬がデザイナーに就任「バナル シック ビザール」雑誌TUNEでコレクション発表

写真拡大

 「banal chic bizarre(バナル シック ビザール)」が、ストリート編集室の雑誌「TUNE(チューン)」No.110で2014年春夏メンズコレクションを発表した。「紙だからこそできる新しい取り組みを実践するため」に、コレクションページには「D.I.Y」の手法を使用。中川瞬がデザイナーに就任してから3シーズン目のコレクションとなる。

バナル シック ビザールがTUNEでコレクション発表の画像を拡大

 「TUNE」誌面の後半部分見開き16ページを使ったコレクション発表では、ブランドが得意とするリメイクの感覚と、紙の誌面だからこそできる描く、切る、貼る、ちぎるといったデザインテクニックを使うことでアレンジする楽しみを表現したという。誌面にはコラージュやイラストで描かれたランウェイ上にメンズコレクションのルックが掲載。実在するロケーションも、綺麗な写真も必要としない「紙の可能性」を今回のコラボレーションで追求している。

 「banal chic bizarre」は、2002年にスタートしたブランド。2012-13年秋冬コレクションまでデザイナーは市毛綾乃だったが、産休に入ったことを機に、ディレクターだった中川瞬とデザイナーを交代。今シーズンから市毛綾乃は正式にブランドを脱退した。ウィメンズは不定期の展開になる予定で、今後はメンズを中心にコレクションを発表していくという。