『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海』のジャパンプレミアが開催!

写真拡大

ギリシャの神々が現代に甦る神話スペクタクル・アドベンチャー『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海』(11月1日公開)。ジャパンプレミアが10月21日に品川アクアスタジアムで開催され、日本語版吹替を務めたAKB48の渡辺麻友、船橋市非公認のご当地キャラ・ふなっしー、宮野真守が登壇。「ヒャッハー!」とテンション高めにはしゃぎまくる反面、確かなコメントも放つふなっしーに、渡辺と宮野も目を丸くしていた。

【写真を見る】AKB48の渡辺麻友がキュートな笑顔でゆるキャラ・ふなっしーをなでなで!

本作は、ギリシャ神話の神と人間との間に生まれた“ハーフゴッド”の主人公、パーシー・ジャクソンが繰り広げる冒険物語の第2弾。前作に引き続き、パーシー役を演じる宮野は「前作から、パーシーが大人になって成長している。ハーフゴッドとしての宿命を果たせるのか、新たなパーシーの戦いに注目してほしい」とアピール。役柄との共通点を聞かれると、「パーシーは主人公だけれど、ちょっと情けなくて頼りないところがある。うじうじ悩んだりしてしまうところは、人間的でシンパシーを感じる」と共感ポイントを教えてくれた。

本作でハリウッドデビューを果たした渡辺が演じるのは、女神アテナの娘で、パーシーと共に旅に出るアナベスの声だ。渡辺は「アナベスはしっかり者で格好良い女性。すごい集中力を発揮するんですが、それはライブ直前の緊張感に似ていると思います」と役柄と自身を重ね合わせていた。

続いて、「もし自分がハーフゴッドだったら、何をやってみたい?」と聞かれると、宮野は「パーシーは海神・ポセイドンの息子なんですが、僕自身は、泳げないんです。海を操れる力があったら、水とたわむれる感覚を味わってみたい」と告白。すると、ふなっしーが「本当に泳げないなっしー?ふなっしーはもちろん泳げるなっしー!」とプールに飛び込もうとするパフォーマンスを披露。宮野も「これじゃ、変なニュースになっちゃうよ!」と突っ込むなど、会場を大いに盛り上げていた。

最後にはふなっしーが「ファンタジーの世界って素敵だなと感じる作品。子供が、この映画を見て夢を持って育てば、そのまた子供たちまでが夢を見られるような作品。是非、お子さんと見に来てなっしー!」と言うと、宮野も「めっちゃ良いコメント!」、渡辺も「すごい!」と驚いていた。【取材・文/成田おり枝】