●やってきたのは妹

(画像:「京騒戯画」公式Webサイトより)
©東映アニメーション/京騒戯画プロジェクト

<キャスト>
コト:釘宮理恵
明恵(みょうえ):鈴村健一
鞍馬:中原茂
八瀬:喜多村英梨
阿(あ):日高のり子
吽(うん):白石涼子
ショーコ博士:斎藤千和
伏見:竹本英史
げじげじ:矢尾一樹
パクパク:原嶋あかり
コト(古都):久川綾
稲荷 明恵上人:石田彰

●ストーリー
京都であって京都でない。
独自の発展を遂げた箱庭のような空間、「鏡都」。
ひょんなことからそんな世界に迷い込んでしまった女の子・コト。
謎の坊主に出会ったり、メカオタクの女の子に追いかけられたりと波乱万丈の日々をけっこう楽しんじゃったりもしていた彼女だが、知らぬところである計画が動き出しつつあった…。
妖怪と人間が入り交じった不思議な街で、今、祭りが始まる!
●過去話、コト編
今回はコトの話。コトが今より小さい頃、おそらく小学校低学年くらいの頃、彼女は神社でいつものように暴れていました。

※いつものように、というより昔から?

そんな彼女に対して匙を投げた神社は彼女に狐のお面をした先生を付けました。先生の名前は稲荷 明恵上人。

※ここで「あれっ」と思った方がいるかも!
●黒い兎
コトにとってそんな日々を楽しく?過ごしていたのですが、ある日の夜学校の廊下へ出ると、一羽の兎が走り回っている姿を見かけます。

そして稲荷が狐のお面を外すと、何故か涙を流しています。その傍には黒い兎が!

※その黒い兎には何か秘密があるようです。
●コトの願い
コト「私たちには秘密がある!」

稲荷が考えているのは鏡の都「鏡都」のことらしいです。

コトも「鏡都」に対して憧れ、いつかその場所へ行きたいと願っていたのですが…。

その願いは意外と早く、あっさりと叶えられてしまいます。そして現在のコトの状況へとお話は続くのですが…。

「京騒戯画」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「京騒戯画」第1話「コトとの遭遇」(ネタばれ注意)
【アニメ】「京騒戯画」第0話「コトと古都」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「京騒戯画」TVアニメ公式Webサイト