●Mark ?

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 林達永・金光鉉・アートリムメディア・キルタイムコミュニケーション/フリージング ヴァイブレーション製作委員会

<キャスト>
サテライザー=エル=ブリジット:能登麻美子
アオイ=カズヤ:市来光弘
ラナ=リンチェン:花澤香菜
エリザベス=メイブリー:甲斐田裕子
シフォン=フェアチャイルド:井上麻里奈
キャシー=ロックハート:釘宮理恵
ロックサンヌ=エリプトン:寺川愛美
シャルル=ボナパルト:山口立花子
ユリア=ムンベルク:東城日沙子
アミリア=エヴァンス:三森すずこ
ジーナ=パープルトン:橘田いずみ
ラトル:桑原由気
スカーレット=大原:雪野五月
アオイ=源吾:斧アツシ

●ストーリー
人類を襲う謎の敵《異次元体ノヴァ》との戦いで最愛の姉を失った少年・アオイ=カズヤは、ノヴァに対抗できる力を持った戦士《パンドラ》とそのパートナー《リミッター》の育成機関の一つ《ウエストゼネティックス》へ編入する。

そこでカズヤは《接触禁止の女王》として恐れられる少女・サテライザー=エル=ブリジットと出会う。
亡き姉の面影を残したサテライザーに惹かれるカズヤは、拒絶されながらも彼女と共に戦いへと身を投じ、徐々にその距離を縮めていく。

そんな中、《ゼネティックス》の上位機関である《シュバリエ》の命令によって、カズヤたちはアラスカにある基地へと派遣される。そこでは新たなノヴァへの対抗策として、人工的にパンドラを作り出す《Eパンドラ計画》が進められていた。
●Mark-4計画
スカーレット=大原「これから本格的にオリジナルパンドラの皆様に協力をお願いします。」

それは「Mark-4計画」と呼ばれるオリジナルパンドラの細胞を抽出して、Eパンドラへインストールする事で、よりオリジナルパンドラに近い状態にするというもの。

ロックサンヌ「Mark-4、そんなのがあるならさっさと使えば良いのに!」
エリザベス「おそらく、それをするのはかなり危険な行為なんでしょう。」


プールにて、ちなみにエリザベスは例によって全裸。おっぱ○やお(※…。

※ディレクターズカットが入りました!

一体誰の細胞を移植するのでしょうか?
●屈辱
アミリア「Mark-4、本当に大丈夫なのでしょうか?」
スカーレット=大原「黙りなさい!貴方達には選択する権利はないのよ!」


確かにEパンドラのアミリア達には死の可能性の高い人体実験に対しても拒否権はありません。それはスカーレット=大原自身が一番良く分かっているのですが、その内心穏やかではないものがあるようです。

一方、ラトルが落としたアイスキャンディを拾い食いしようとしている事をラナが笑った件についてジーナが喧嘩をふっかけてきます。

※ラトルの食事への執着は尋常ではないです。

サテライザー「ラナのしたことは謝る。しかし、ここで戦いはしたくない。それは私達に貴方達では勝てないから。」

この屈辱に対して、ジーナはこれを機にMark-4の投与実験を志願します。
●ジーナ、暴走する!
ジーナ「サテライザー、お前に感謝する。お前の細胞でお前に勝てるんだからな!」
サテライザー「そう簡単にいくのかしら?」

ジーナに対してMark-4が投与されます。それによって彼女はパンドラ能力を強化し、ボルトウェポンの具現化に成功!そして模擬戦でもサテライザーと互角以上の戦いを見せましたが…。

しかし、ジーナはノヴァフォームが進行し彼女は生ける屍となりかけてしまいます。そしてジーナは暴走し、研究所を破壊!

そこでジーナを止めるためにはエリザベス達、パンドラを投入。その終焉は如何に!

毎回のようにおっぱ○丸出しのエリザベスが最高!な「フリージング ヴァイブレーション」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第2話「模擬試合」(ネタばれ注意)
【アニメ】「フリージング ヴァイブレーション」第1話「Eパンドラ計画」(ネタばれ注意)
(ネタバレ注意)TVアニメ「フリージング」第12話、最後に彼女を助ける者は。
▼外部リンク

「フリージング ヴァイブレーション」TVアニメ公式Webサイト
「フリージング ヴァイブレーション」AT-X公式Webサイト