Nike+ FuelBand SE(ボルト)

写真拡大

ナイキジャパンは2013年10月21日、一日の動きを記録するリストバンド型デバイス「Nike+ FuelBand SE(ナイキプラス フューエルバンド エスイー)」を発表した。米国のみで展開していた「Nike+ FuelBand」の最新モデルで、日本でも11月6日に発売する。

専用アプリで目標管理

「Nike+ FuelBand SE」は時間や消費カロリー、歩数、活動量などを表示するリストバンド型デバイス。活動量は「Nike Fuel(ナイキフューエル)」というナイキ独自の単位で集計し、ランニングやジムでの運動はもちろん、日常の動きも「Nike Fuel」に換算する。ユーザーは活動目標やFuel量などを設定し、リストバンドの色の変化やスマートフォンの専用アプリで確認することができる。

新モデルは耐水性がアップしたほか、Bluetooth4.0にも対応する。専用アプリ(iOS対応のみ)には、日中の特定の行動を記録してくれる「セッション」機能や、友人間で達成度をシェアできるグループ機能なども加わる。また、iPhone5Sのユーザーには新たなアプリ「Nike+ Move」の用意もある。

スタイリッシュなデザインも魅力で、最新モデルはシンプルなブラックに加え、バンドの主要部分にボルト、ピンクフォイル、トータムクリムゾンを配した計4カラーをラインアップしている。価格は各1万5750円。10月25日からNike Harajukuなど4店舗で店頭予約受付を開始し(予定数量に達し次第終了)、11月6日には各店およびnike.comで発売する。

同日に東京・渋谷で行われた発表イベントには、フィギュアスケートの安藤美姫さん、ボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志さん、元陸上競技選手の為末大さんが登場。製品を身につけた内山さんがシャドーボクシングをして、実際に測定するシーンもあった。