写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京藝術大学(美術学部 絵画科 油画専攻)は11月10日まで、「TRANS ARTS TOKYO 2013」を開催している。

○多ジャンルの表現が集う複合型アートイベント

同イベントは、アート・デザイン・音楽から都市学まで多ジャンルの表現が集う複合型アートイベント。2012年秋に第1回を開催、東京電機大学旧校舎に約300人のアーティストが集結し、話題となった。

2回目となる今年は、333 1 Arts Chiyodaをはじめとする神田エリアの文化施設や空きビルなど複数の拠点で展示やイベントを展開。あらゆるジャンルの表現が同時多発的に立ち上がり、街全体がクリエイティブな躍動感に包まれる20日間となるという。

参加アーティスト・団体は、池田晶紀(写真家)、石川寛(映画監督・CMディレクター)、伊藤ガビン(編集者)、江渡浩一郎(メディアアーティスト、研究者)、KENTARO!!(ダンサー)、小林正人(画家)、佐藤直樹(アートディレクター)、塚本由晴/アトリエ・ワン(建築家)、東京藝術大学、美学校、山縣良和/writtenafterwards,(ファッションデザイナー)、REDBULL curates CANVAS COOLER PROJECTほか。

会期は、10月19日〜11月10日 12時〜19時。会場は、3331 Arts Chiyoda、旧東京電機大学7号館地下、神田錦町共同ビル、KANDADA3331、WATERRAS、mAAch ecute 神田万世橋、 錦町TRADSQUARE、EDITORY 神保町ほか。入場料は、800円(期間中何度も使えるパスポート制)。なお、WATERRAS、mAAch ecute 神田万世橋、錦町TRADSQUAREは入場無料となる。その他、詳細は同イベントWebサイトを参照のこと。

(エボル)