実はよくわかっていない! 葬儀での数珠の持ち方

写真拡大

葬儀で数珠はとりあえず持っていけば失礼に当たらないと思っている人が多いですよね。しかし、数珠の持ち方にもマナーは存在します。今回は、通夜や葬儀における数珠の持ち方を紹介します。

数珠の持ち方

数珠は左手で持つのが基本です。

短い数珠

短い数珠は、使わない状態のときは左手で房の部分を下にして持ちます。合掌のときは両手の人指し指の上にかけ、上から親指を添えるようにして手を合わせます。

長い数珠

長い数珠、使わない状態のときは二重にして左手で持ち、合掌のときは房が中指の外に出るようにして、両手中指にかけ手を合わせます。

焼香

焼香に立つときは左手の人差し指部分にかけ、親指で落ちないように押さえます。席を離れるときに、数珠をおいたままにするのはマナー違反です。

数珠を忘れてしまったら

もともと数珠は仏教でのみ使われるものです。だから、仏教徒以外は持つ必要はなく、忘れたからといって数珠なしの焼香をしても失礼にはあたりません。

「葬儀・葬式のマナーがわかる記事」の詳細を調べる