スタート時の気温は14度で天候は曇りと、条件に恵まれた第90回箱根駅伝予選会。5年ごとの記念大会で増枠された上に関東学連選抜がなくなり、13校が正月の本戦に出場できる今回は、波乱のない順当な結果となった。

*予選会は各校が12人までエントリーし、上位10人のタイムの合計を競う

●予選会成績と箱根駅伝への出場権を獲得した大学
1位 東京農業大学
2位 山梨学院大学
3位 東海大学
4位 神奈川大学
5位 國學院大学
6位 大東文化大学
7位 専修大学
8位 日本大学
9位 拓殖大学
10位 城西大学
11位 上武大学
12位 中央大学
13位 国士舘大学

 だが、1位通過が東農大というのは、指導する前田直樹監督が真っ先に「予想外ですよ」と言い出すような結果だった。前回、予選会から本戦に進んで優勝した日体大が昨年出した総合記録(各校上位10人の合計タイム)を12秒上回る10時間04分35秒。前田監督は「決まった途端に、前回の日体大と同じだと100人くらいに言われて......。すごいプレッシャーですよ」と苦笑する。この予選会に向けて、完璧な状態ができていたのは2〜3人。他はほとんどが故障を抱えていたからだ。

 前回の箱根は、1区15位で滑り出したが、期待を込めて送り出した2年生の竹内竜真と浅岡満憲、1年生の戸田雅稀の2区、3区、4区が区間18位、20位、20位に沈み、まったく勝負できない結果に終わった。そのため今年の夏合宿ではスピードアップを重視し、これまでより設定タイムを上げて練習をさせた。「紙一重」と前田監督は言うように、それで故障が多かったのだ。

「その積み重ねで練習量は少し減ったが、内容が上がっている」という中、「練習の疲れが残っていて読めなかった」という戸田が全体10位の59分42秒でゴール。11位(59分43秒)には、12年の本戦5区で大ブレーキを起こして最下位に沈んだ4年の津野浩大が入り、竹内も1時間00分00秒で19位になった。

 そのあとに3年生2名が1時間00分20秒台で続き、3人が出場した4年生の残り2名も、三輪晋太朗が1時間00分28秒、佐藤達也が1時間00分40秒で続いたのが大きかったという。

「故障を抱えていてもこの結果を出せたというのは、選手が強くなっているんでしょうね。チームにはエースがいないぶん、全員が『俺がエースになる』というつもりで走っているからいいんじゃないですか」と、前田監督は語る。

 続いて2位通過を果たしたのが山梨学院大。エースのエノック・オムワンバ(2年)が、前半は抑えた入りながら、ラストで日大のダニエル・ムイバ・キトニー(2年)を3秒突き放し、57分57秒でゴールインした。

「本戦を睨んで1位通過をしたいと思っていたけど、次の井上大仁(3年)が59分25秒でゴールしたあとのグループが前半を少し抑え過ぎたので......。でも、後半は追い上げたので、走り自体はまずまずだと思います」と語る上田誠仁監督。総合で10時間05分33秒という結果だったが、余裕の表情を見せた。
 
 今年は直前になってもスピードではなくスタミナを追求し、3泊4日の車山(長野県)での合宿ではクロスカントリーを走らせるという新しい方法を試した。

 オムワンバは夏まで故障で練習を控え、9月の全日本学生も欠場した状態。スタミナを心配されたが、ラストでキトニーを突き放して57分台を出したことで、ひと安心の状態だ。また、1万m28分39秒08を持つ日本人エースの井上も、15kmまでは冒険をさせないで集団の中に控えさせ、ラスト5kmを14分34秒でまとめた上、最後の3kmでは激しく追い上げて全体の5位でゴールする力を見せた。

 さらにチーム3位の森井勇磨(4年)は1時間00分35秒。それに6秒と7秒遅れてゴールした田代一馬(2年)と佐藤孝哉(1年)もうまくいけば60分切りのタイムを出せる選手で、「まずまずの走りをした」と、上田監督は納得の表情を見せていた。

 だが本戦を考えれば、東農大の前田監督が「エースがいないから、課題は2区と5区、6区」と言い、山梨学院大の上田監督が「これで5区と6区がいれば......」と言うように、前回の日体大のように「一気に上位!」となるにはいま一つ足りない状況だ。それは10時間06分36秒で3位通過になった東海大も同様だ。東海大は1万m28分台の記録を持つ中川暸(3年)が欠場し、さらにエースの元村大地(4年)が9月後半に故障、2週間前から練習を再開したばかりだった。その元村は、出場した5人の1年生に声をかけながら走る役割を果たしていた。

 予選会を突破した13校に、シードされた10校を加え23校が出場する箱根駅伝。こうしてみると、予選会通過組の本戦での目標は、シード権獲得というところに落ち着きそうだ。

 予選会と出雲大学駅伝を終えた現時点で正月の箱根を睨めば、出雲では3位に止まったとはいえ、前回5区で勝負を決めた服部翔大(4年)を擁する日体大の優位は変わらないだろう。その服部は春から5000mと1万mで自己ベストを連発してユニバーシアード出場も果たしている。また前回2区の本田匠と9区の矢野圭吾(ともに4年)、3区の山中秀仁(2年)は世界クロスカントリー選手権の代表になった。その他にも前回6区の鈴木悠介(4年)と1区の勝亦祐太(2年)が、今年は1万mで自己ベストを出して進化しているのだ。

 その前回王者を追うのが出雲優勝の駒大になる。前回3区で区間3位だった中村匠吾(3年)が、今年は1万mのベストを28分05秒79まで伸ばし、出雲でも1区で日体大の服部に20秒差をつけてチームを流れに乗せた。さらにエースの窪田忍(4年)は5000mで自己記録を更新している。前回5区に挑戦した村山謙太(3年)も、自己記録こそ更新していないが、春から日本陸連合宿にも参加して積極的な走りで底力を上げている。

 そんな駒大の3本柱に負けないスピードを誇るのが東洋大だ。4年になった設楽啓太と悠太の兄弟は今年、1万m27分51秒54、27分54秒82と、自己記録を伸ばしている。さらに大津顕杜(4年)が28分39秒54、服部勇馬(2年)が28分22秒43、田口雅也(3年)が28分37秒37と、それぞれ自己ベストを出している。出雲では序盤でつまずき悪い流れになりながらも、3区の設楽悠太と4区の延藤潤(4年)が区間3位の走りで立て直し、5区の服部勇馬が区間1位で順位を2位に上げ、存在感を示した。

 ただし駒大と東洋大は、前回の6区がともに4年生だったため、新たなスペシャリストを見つけなければいけないということと、日体大の服部に対抗できる5区の走者をつくらなければいけないという課題が残る。

 前哨戦となるのが11月3日の全日本大学駅伝。8区間106kmのコースではスピードのある駒大と東洋大が優勝争いの最右翼となるが、今季の勢いをみれば日体大も侮れない。出雲で敗れた東洋大と日体大が、大会3連覇を狙う駒大を相手にどう巻き返すか。箱根へむけて意識を高める意味でも、3強にとっては重要な戦いになる。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi