「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」来場者数は15万8千人

写真拡大

 東京のファッション・ウィーク「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 14S/S」が、10月19日に閉幕した。公式スケジュールでランウェイショーやインスタレーションを開催し、2014年春夏の新作コレクションを発表したブランドは37ブランド。期間中、関連イベントも含めて約15万8千人が来場したことが発表された。

ファッション・ウィーク 東京に15万8千人の画像を拡大

 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が主催する「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 14S/S」は、10月14日に渋谷ヒカリエのヒカリエホールで開幕。オープニングショーとしてイタリアのブランド「MISSONI(ミッソーニ)」がメンズ・ウィメンズの2014年春夏コレクションを発表した。今季のファッションウィークは会期が6日間と短かく、また参加ブランドが37と少なかったが、1年前の開催に比べ来場者数が増加した。登録メディア数も、事前登録の時点でプレス461人、フォトグラファー377人と増加。特にブロガーやファッションWEBサイトなど、海外メディアの増加が目立ったという。バイヤーは、ロシアやタイなど25カ国から来場した。

 オープニングセレモニーには、歌手の板野友美、俳優の平岡祐太、子役の鈴木梨央、そして「MISSONI」クリエイティブ・ディレクターのAngela Missoni(アンジェラ・ミッソーニ)が参加。「CHRISTIAN DADA(クリスチャン ダダ)」のショーにはシークレットゲストとして米ハードロックバンドKISS(キッス)が登場し、会場を盛り上げた。また関連イベントとして、ツイードを着た参加者が外苑前から銀座まで自転車で巡った「TWEED RUN TOKYO 2013」や銀座を代表する3つの百貨店や商業施設が協同で実施した「ギンザ ファッション ウィーク」など、都内各地で開催され来場者を集めたという。

■コレクション映像・画像 一覧
 http://www.fashionsnap.com/collection/