11月21日(木)から開催される国内男子ツアー最大規模の大会、「ダンロップフェニックス」。今年40回目の開催を迎えるこの大会の海外招待選手がこの日発表された。
 9月に出場が発表された昨年覇者のルーク・ドナルド(イングランド)に加え、2011年の「全米プロゴルフ選手権」覇者、キーガン・ブラッドリー(米国)、そして1980年、1997年と2度この大会を制覇しているトム・ワトソン(米国)の参戦が決定。その他にビリー・ホーシェル(米国)、ゴンサロ・フェルナンデスカスタノ(スペイン)、アレクサンデル・ノーレン(ノルウェー)、トミー・フリートウッド(イングランド)、チャーリー・ペルジャン(米国)と計8名の選手が出場する。
 正式なエントリーはまだだが、松山英樹をはじめとした日本人トップ選手も出場予定。世界の一流プレーヤーと宮崎で熱い戦いを繰り広げる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】石川、松山どちらも初優勝の可能性は十二分 最後は…
女子プロたちの秘蔵フォト満載「女子プロ写真館」
今回は美人女子大生が登場!「今日の美ゴ女」
AKBのあの子がゴルフに関わるナゾを徹底検証!
最新のギアニュースと試打レポートはこちら