「マグダラなマリア」代替公演決定−グレイス役津田氏脚本のオリジナル作

写真拡大

18日中止が発表されていた「マリア・マグダレーナ来日公演『マグダラなマリア』〜郵便配達は二度か三度くらいベルを鳴らす〜」の代替公演が21日急遽発表された。代替公演は「グレイスフルプロデュース『亜雌異人愚アメイジングなグレイス』」。

【関連:人気乙女ゲーム「華アワセ」ついに舞台化!舞台オリジナルキャラも登場】

グレイスフルプロデュース『亜雌異人愚アメイジングなグレイス』


脚本・演出は初演から出演しているグレイス役の津田健次郎氏が担当。「マグダラなマリア」のキャラクター、世界観をベースにしたオリジナル作品が上演される。なお、本作品は「マグダラなマリア」の原作を管理する天然ロボット及び、原作者の湯澤幸一郎氏も賛同の上行われるもの。

公演は当初予定されていた、2013年11月7日〜10日 新神戸オリエンタル劇場、2013年11月14日〜24日 アイア シアタートーキョーで行われ、チケットは既に発売されているチケットがそのまま日時・席ともに有効。もちろん、通常の払い戻しもそのまま受け付けている。払い戻しについては、株式会社ネルケプランニングウェブサイトで確認して欲しい。

「マリア・マグダレーナ来日公演『マグダラなマリア』〜郵便配達は二度か三度くらいベルを鳴らす〜」は18日に中止を発表。その際の理由は原作・脚本・演出・音楽、そしてマリア・マグダレーナ役として出演を予定していた湯澤幸一郎氏の、公演には関わりのない個人的な事情が原因と発表されていた。

株式会社ネルケプランニング
http://www.nelke.co.jp/stage/magdara2013/
グレイスフルプロデュース『亜雌異人愚アメイジングなグレイス』
http://www.nelke.co.jp/stage/grace/
津田健次郎ブログ
http://tsudaken.jugem.jp/