デザインを切り口としたイベント「:DDD」代官山蔦屋で開催

写真拡大

 代官山 蔦屋書店で、「Daikanyama Design Department 2013(:DDD)」が10月23日から開催される。会場では、デザイナー黒河内真衣子が手がける「mame(マメ)」などのクリエイターの最新の活動を紹介する「伝統とわたし」展や、様々なジャンルのクリエイターのトークイベントを実施。期間は11月4日まで。

「:DDD」代官山蔦屋で開催の画像を拡大

 「:DDD」はデザインを「知る・考える・楽しむ」をテーマにライフスタイルを提案するプロジェクトで、展示やワークショップなどを通して、作り手とユーザーを繋ぐイベントを目指すという。期間中は、「TOTOギャラリー・間」で開催予定の「ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築展」ディレクターの原研哉と出展者の塚本由晴によるトークイベントが行われる他、セレクトウォッチブランド「POS+」の期間限定ショップの開催や、1896年の第1回アテネ大会から2012年ロンドン大会までに使用されたチケットやポスター、プログラムなどの印刷物を中心に展示する「Olympic Design Archives」など、デザインを切り口とした全11イベントが実施される。

■Daikanyama Design Department 2013
 会期:2013年10月23日(水) - 11月4日(月)
 会場:代官山T-SITE
 開館時間:代官山 蔦屋書店 7:00〜2:00/GARDEN GARALLEY 11:00〜21:00
 主催:代官山 蔦屋書店
 協力:nendo/丸若屋/POS+(ポスト)/21_21 DESIGN SIGHT/中川政七商店/日本デザインセンター/Glyph 他
 問い合わせ:03-3770-2525